輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

3つのデメリットを知った上で頬骨アーチリダクションしよう!

整形手術において、頬骨アーチリダクションという名前を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

頬骨アーチリダクションとは、出っ張った頬骨を切り落とす手術のことを指します。頬骨弓という頰の骨の部分を一部切り落として、出っ張りを少なくするという方法です。一般的には、口の中を切開して施術することが多いです。

日本でも多くのクリニックで行なわれている整形手術なので、患者も多く存在しており、一般的な手術だと言えるでしょう。

頬骨が出っ張っていると、全体的にごつごつとしていてきつい印象を与えがちになってしまいます。そこで、出っ張りすぎている頬骨を切ることによって、優しい表情を作り出します。

この方法には、多くのメリットとデメリットが存在しています。メリットを知ることも大切ですが、デメリットもきちんと知った上で施術に臨みましょう。不安な点は医師と細かくカウンセリングをして、解消しておくことも大切です。

頬骨アーチリダクションのデメリット

頬骨アーチリダクションのデメリット

頬骨アーチリダクションのデメリットとしては、まず、効果が少しマイルドです。

万が一、切り落とされた頬骨弓の位置がずれてしまうと、表面に凹凸が出てしまうこともあります。

また、以前よりも顎が開きにくくなるということもあります。

そして、もしも表情筋を傷つけてしまうと、そこにある神経が傷つけられて、感覚が一部麻痺してしまうということも考えられます。また、ダウンタイムが少し長めだと言う点も挙げられます。

ダウンタイムの期間は、腫れが出て、少し痛みが出るという人もいます。そのような時は、医師に相談して痛み止めを処方してもらうことで対処ができます。

しかし、これらのデメリットは滅多に起こらないと言えるでしょう。

技術の高い医師のもとで、しっかりとカウンセリングを行った後に施術を受けることで、あまり遭遇しないケースだと言えます。

しかし、後から頬骨アーチリダクションの手術を受けたことを後悔しないためにも、しっかりとデメリットについて知っておくことが大切です。

知ってた?頬骨アーチリダクション(頬骨削り)のデメリット:たるみにならない対策

皮膚の「たるみ」デメリットについて。

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)によって、余分に出ていた頬骨を切除することによって、皮膚にたるみが出てしまうというデメリットがあります。

皮膚には伸縮性がありますが、急激な変化には対応することが出来なかったり、収縮が追い付かないということもあります。
余分な部分の皮膚は、切除する必要があるので、医師としっかりと相談をして、仕上がりの状態をイメージしておくと良いでしょう。

「効果が無い」デメリットについて

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)では、フェイスラインをすっきりとさせることが出来たり、ごつごつとした印象を柔らかい女性的な雰囲気に変えることが出来ます。

しかし、フェイスラインの形成の場合、骨格に問題があるだけでなく、脂肪や筋肉の付き方に問題がある場合もあります。
骨格に問題がなかった場合には、骨削りをしても効果が無いというデメリットもあるので、きちんとした判断が必要となります。

「神経麻痺」デメリットについて

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)において、最も注意したいのが神経麻痺のデメリットです。
顔にはたくさんの神経が通っています。

手術によって、神経を傷つけてしまったり、刺激を与えてしまうことで、麻痺が残ってしまう可能性もあります。
一過性のものもあれば、後遺症として残ってしまうものまで、その症状も様々です。
手術後に、傷跡やその周辺などに違和感が残っていたり、麻痺の症状が出た場合には、すぐに相談しましょう。

正しい知識を持った医師を選ぶことがおすすめ

頬骨アーチリダクション(頬骨削り)を行うときには、正しい知識を持った医師を選ぶことが大切です。

美容整形手術を行っている医師は、非常にたくさんいますが、それぞれの医師には得意ジャンルがあります。
希望する手術の内容に合わせて、最適な医師を選ぶことが大切です。

過去の実績や、症例集などもチェックしておくと、得意ジャンルが分かったり、得意なデザインを知ることが出来るので安心できるでしょう。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*