輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬骨アーチリダクションに必要なアフターケアとは

名医による頬骨アーチリダクションは、皮膚にメスを入れない頬骨骨切法としても注目を集めています。
西洋人のような引き締まった顔立ちに憧れている日本人女性も少なくありませんが、このような希望がある方におすすめなのが頬骨アーチリダクションです。
頬骨の前方が出てしまっていたり横に張り出してしまっていても短期間で解消することが可能です。
施術時間は、1時間から3時間ほどとなっており、短時間で手術が完了するのも魅力です。
また、全身麻酔を使用して手術を行っていくので痛みの心配がありません。
気になるアフターケアは、手術後3日ほどで腫れが治まってくるため、医師の指示のもと生活すれば問題はありません。
夜間ギブスを固定する必要が1週間ほどありますが、メイクが可能であったりシャワーを浴びることもできるので大きなダウンタイムの心配がないのも嬉しい点と言えるでしょう。
自分のコンプレックスを解消して美しくなりたい女性必見の手術法です。

頬骨アーチリダクションのアフターケア

アフターケアについて

頬骨アーチリダクションは、腫れ予防のためにアフターケアが必要になります。
まず腫れ止めの内服薬を飲んだり圧迫用のフェイスマスクを使用することが欠かせません。
さらに超音波によるケアを行なうことで、より腫れの悩みを軽減させることができるでしょう。
これらのアフターケアをきちんと行うことで、従来よりも腫れに期間が短くなるなどのメリットがあります。
頬骨アーチリダクションの術後は、腫れが目立ってしまう傾向にありますが、正しい方法でケアを行なうことで術後3日ほどで通常通り仕事を行うことも可能になります。
腫れが確実に消失するまでに1ヶ月ほどの期間がかかりますが、入院する必要はありません。
しかし、頬骨アーチリダクションの術後は、車の運転をすることが不可能な為、タクシーを利用することをおすすめします。
事前にカウンセリングを行うことで正しいアフターケア法を知ることもできるので、信頼できる美容外科クリニックを見つけて利用してみましょう。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*