輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

【口コミ・体験談】下顎枝矢状分割法 (SSRO)を大学病院で手術しました。

下顎枝矢状分割法 (SSRO)の口コミの症例プロフィール

10年前に大学病院で下顎枝矢状分割法(SSRO)の手術を行いました。当時は症例が少なかったので美容整形外科で行うべきか悩みましたが、大学病院で費用面・入院期間中など手術以外でも大学病院を選んで良かったです。

下顎枝矢状分割法 (SSRO)の手術前のお悩みと体験談を教えてください

子供の頃から顎が長く同時に歯並びが悪いと言う事にコンプレックスを持っていました。一番コンプレックスだったのが笑った時に上の前歯よりも下の前歯が目立つという事で、出っ歯の人が羨ましいと感じるくらいでした。

下顎枝矢状分割法 (SSRO)は評判の良い病院・クリニックや名医はどう選びましたか?

当時、歯列矯正を行っていた個人の歯科クリニックから紹介された事がきっかけになり、大学病院を選んで手術する事に決めました。私の場合は運良く歯列矯正を行って頂いたドクターも、実際に手術を行ってくれたドクターも名医で良かったです。

下顎枝矢状分割法 (SSRO)は成功・失敗どちらでしたか?

手術・術後も成功で、一番コンプレックスだった正面から見た形も、横顔も大きく改善されていたので満足しています。顎の一部に少し感覚の鈍い場所がある事が不安ですが、これから治ってくると説明されています。

下顎枝矢状分割法 (SSRO)の値段・費用・料金は予算と比べ、高い・安いどちらでしたか?

私の場合は手術併用の歯列矯正だったので矯正費用そのものも安く済みました。また、保険適用だったので高額医療費制度により手術費・入院費ともに安く済んで良かったです。ただ、生命保険では保険支払いの対象にはならないと言われました。

下顎枝矢状分割法 (SSRO)のダウンタイムの中で、腫れや内出血はありましたか?

私の場合は内出血はおこりませんでした。入院は2週間でしたが入院期間中ずっと腫れていました。顔全体を圧迫するよう包帯を巻かれていたので、大きく腫れるという事はありませんでした。奥歯にあたる部分を切開して縫合していたので、その場所が痛いだけで骨が傷むという事はありませんでした。

下顎枝矢状分割法 (SSRO)のリスク・トラブルやデメリットはありましたか?

デメリットは下顎に部分的な麻痺が出る場合があるという事と、私の病院では骨を金属プレートで固定する手術法だったので、半年後から1年後を目安に除去手術を受けなければいけないという事です。麻痺に関しては時間の経過で回復するそうなので不安はありません。また、骨の移動量によっては下顎にたるみが出るらしく手術前はそれが不安でした。下顎のたるみに関しても時間の経過とともに骨にフィットするようです。

下顎枝矢状分割法 (SSRO)のアフターケアやメンテナンス・修正は考えていますか?

手術後の今でも歯列矯正を行っています。1年後に矯正装置が外れる予定で、その後はマウスピースによる矯正を行う予定です。場合によっては修正手術が必要になるらしいですが、私の場合は修正手術の予定はありません。

さいごに、下顎枝矢状分割法 (SSRO)をして感じた効果やメリットを一言!

大きなメリットは正面・横顔が大きく変わると言う事です。顎の長さは変わりませんが童顔になったと周りに言われます。笑った時に前歯が見えるようになったのも変化のポイントで、いわゆるEラインと呼ばれる横顔のラインも整ったので嬉しいです。

失敗しないための輪郭の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

“【口コミ・体験談】下顎枝矢状分割法 (SSRO)を大学病院で手術しました。” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    SSROとルフォー同時にやりました。

    顎が短くなったのと後ろに下がった分たるみが出ました。
    仕方ないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*