輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

再構築法/勝間田法(頬骨削り)の修正を考えたときに

再構築法/勝間田法とは、頬骨の出っ張りが大きい方のための美容整形手術の名称で、勝間田先生によって開発された手術法なのでそう呼ばれています。方法としては、頬骨を一度ばらばらに分解し、再配列、再構築します。しかしこの再構築法/勝間田法ははリスクが高く、頬骨が左右非対称やがたがたになったり、陥没、たるみ、顔面麻痺などの危険性があります。また、術後のダウンタイムは約1か月と言われていますが、頬骨が完全に骨化するまでにはおよそ半年から1年かかります。さらに、万が一再構築法/勝間田法が失敗ということになれば、修正する必要があります。修正と言っても簡単なものではありませんし、再び悪質なクリニックで施術を受けてしまっては二の舞です。まずは信頼できる高い技術を持ったクリニックと医師を見つけ、正しいカウンセリングの中でしっかり自分の意思や希望を伝え、十分に納得した上で再手術を受けることが最重要課題になると言えるでしょう。

再構築法/勝間田法の修正

時間をかけてクリニックを探す

再構築法/勝間田法(頬骨削り)の失敗により修正を希望される方へのアドバイスです。まず、再手術が可能かどうかを見極める際、2人以上の医師の意見を参考にすることをおすすめします。一度目の手術により内部組織が崩れてしまうと、修正、再手術が難しくなるため、より正確に再手術のプランを練らなくてはならないからです。しかも、おなじ部分を手術するとなると1度目の手術より確実に体への負担も大きくなります。ましてや再構築法/勝間田法(頬骨削り)は骨を分解して再形成、再構築法するために骨の強度が多少なりとも弱くなっています。修正にはかなりの技術力と注意が必要です。頬が必要以上に陥没してしまった場合や骨ががたがたになって段差が気になる場合、または左右非対称が気になる場合の再手術の方法として、その度合いによりヒアルロン酸や脂肪の注入、またはプロテーゼの挿入を行います。理想的な輪郭を手に入れるためにも、時間をかけてクリニックを探していきましょう。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*