輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

大きな変化をお望みなら、再構築法/勝間田法(頬骨削り)の効果!

頬骨が目立って悩みになっている場合には、頬骨を削る美容整形があります。頬骨を削る方法にはいくつかあります。
頬骨アーチリダクションには弓部を削る方法、アーチリダクション、再構築法/勝間田法などがあり、これらの方法は頬骨の出っ張りを改善するため小顔になれ、輪郭も綺麗にすることができます。
再構築法/勝間田法は、頬骨を細分化して再配列、再構築する方法でリスクが高い方法でもありますが、大きな変化や効果が期待できる頬骨形成の方法です。手術は通常はもみあげ部分を切開して頬骨を削ります。アーチリダクションなどは再構築法/勝間田法と同様の変化で改良された方法ですが、再構築法は効果が大きく出すことが可能で、手術後のたるみが出にくい方法です。リスクもあり、頬のたるみが生じやすいこともあり、術後から張りが出にくく、頬骨削りをする医師の技術が低い場合には、左右非対称になったり、輪郭ががたがたになることもあり得るのです。

再構築法/勝間田法の効果

名医を選んで手術をうけることが重要なポイント

再構築法/勝間田法(頬骨削り)は、出っ張りのある頬骨を削って小顔にしたり、スッキリとした輪郭にすることができる方法のひとつです。この方法は手術後の効果や変化を大きく出すことが可能です。ダウンタイムは約1ヶ月前後で、個人差もありますが、痛みを感じる場合には痛み止めの鎮静剤を服用したり、アイスパックや冷えたタオルなどで冷やすと痛みは和らぎます。
再構築法/勝間田法(頬骨削り)の手術は、頬骨をバラバラに分解しするため強度が弱くなりやすく、表情筋を壊してしまって神経が麻痺してしまう可能性も否めません。
この手術を行なえる医師は限られているため、名医を選んで手術をうけることが重要なポイントです。ネットなどの口コミなどで決めることはなく、ホームページや実際にクリニックを訪ねてカウンセリングなどを受け、技術の高い学会研究を行なっている医師であるかを自分で確認することが大切です。特に頬骨は一度削ってしまうと修正も難しくなってしまうため、最初の手術の医師やクリニック選びが再構築法/勝間田法(頬骨削り)を成功させるポイントになります。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*