輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

再構築法/勝間田法(頬骨削り)のデメリット3つって?

再構築法/勝間田法は、ご存じの方も多いことでしょうが、美容整形の領域において頬の輪郭をソフトにして、小顔効果なども最大限に引き出してくれる整形手術です。

頬骨の体部と弓部をいったんバラバラにしながら、骨を削り取り、再度構築していく美容整形なので、神経の近くまで削りとってしまうと、成功すれば非常に理想的な輪郭を作り出せますが、失敗するとさまざまなリスクが考えられるのです。

また、再構築法/勝間田法の本格的な整形手術をおこなうとなると、ダウンタイムの期間も非常に長くなってしまうので、その期間をしっかりと用意することが出来るかどうかも、デメリットの範囲に入ってくるのではないでしょうか。

また、整形手術が一度で完璧におこなわれなかった場合は、修正のための手術が考えられますが、それをしたからといって本当にうまくいくとは限らず、かえって修正を行ったためにさまざまな危険性やデメリットを引き起こすことも考えられます。

再構築法/勝間田法のデメリット

メリット・デメリットについて

再構築法/勝間田法(頬骨削り)には、整形手術の成功で自分が満足できる美しさが得られるという大きなメリットがある一方で、以下のような多くの症状が起こる可能性やリスクが考えられますので、デメリットの部分もしっかり把握しながら、再構築法/勝間田法(頬骨削り)の整形手術を受けるかどうかの冷静な判断が必要です。

主なものとしては、傷跡もさることながら、表情筋などを傷つけてしまったことに因る神経麻痺や、たるみが起こったり、痛みやしびれなどが生じることも考えられます。

また、顔面の神経麻痺、頬骨のズレが起こったり、歯のかみ合わせが著しく悪くなってしまうという可能性も否定できません。

更に、頬骨があまりにも高い人などには、手術を行うこと自体が難しかったり、無駄だったりということもあり得ることなのです。

再構築法/勝間田法(頬骨削り)には、このようなさまざまな失敗や、危険性をはらんでいるとの認識を持って、デメリットに処することが必要でしょう。

再構築法/勝間田法(頬骨削り)を受けて神経麻痺!整形のデメリットを防ぐためのまとめ

再構築法/勝間田法(頬骨削り)のアプローチに失敗して神経麻痺。

小顔を目指し気になる頬の出っ張りをなくすため再構築法/勝間田法(頬骨削り)を行うとき、皮膚の剥離や骨に対するアプローチをする際に、神経の近く施術します。うまく神経を保護しながら行うところを、技術が乏しいと傷つけてしまうことがあります。

神経が少し傷ついただけなら、時間をかければ回復する可能性が残っていますが、断裂してしまうと神経麻痺を起こして顔の筋肉を動かすことが難しくなったり、しびれを感じるなどの後遺症が残る人もいます。

再構築法/勝間田法(頬骨削り)技術不足で失敗し効果が無い可能性

再構築法/勝間田法(頬骨削り)に対する知識が不十分のため、細分化して再構築するさいの最適な方法がとれなかったり、不要な分の骨削りが極端に浅く済ませてしまうことで効果が無いことがあります。

頬骨はそれほど厚さがない部分であるため、施術には高度な技術が必要であり、誤ったやり方ではもろくなってしまい、骨が割れたりひびが入らないように慎重になったり経験が浅いと適切な対応ができなくて失敗につながるため注意が必要です。

再構築法/勝間田法(頬骨削り)筋肉が影響を受けてたるみが生じる

骨に対してアプローチするときには、皮膚だけでなく筋肉なども剥離が必要になることがあります。皮膚はある程度伸びてしまってもまた縮む性質がありますが、筋肉は断絶すると戻るまで時間がかかり、年齢によっては修復が難しい場合もあります。皮膚を骨に止めているじん帯に対する対応も重要になってきます。

術式に対しる知識が乏しいと、皮膚と骨の間に空間を作ってしまい、たるみにつながることがあります。

再構築法/勝間田法(頬骨削り)受けるならココ!評判の良い美容外科

頬骨が出っ張っているのを改善するために有効なのが再構築法/勝間田法(頬骨削り)で、頬骨そのものを削り取ってしまうので確実にフェイスラインを整えることができて成功すれば滑らかで美しい頬を手に入れることができます。

頬骨を削って細分化したあと再び組み合わせていくので高度な技術が必要になり、施術ができる医療機関はそれほど多くありません。

優れた外科手術ができる美容外科として口コミの評判がよく、難しい手術でも確かな腕で成功させてくれると話題です。

再構築法/勝間田法(頬骨削り)は完全に骨が癒着して治るまでに1年くらいの期間が必要で、何度も検診に通ったりチェックを受けることが必要になります。

ミスをすると顔のデリケートな神経組織を傷つけて笑ったときにひきつってしまったり表情が不自然になったりマヒ状態に陥ることもあるので信頼できる美容外科で受けることが大切です。

全身麻酔で2~3時間かけて行う大きな手術で、頬の形を安定させるために3日間程度の入院が必要になることも多く、手術の前には念入りなカウンセリングや健康診断などが必須です。

腫れが数週間続くので仕事や日常生活に復帰できるまでに時間がかかりますが、完治すれば美しい頬のラインを半永久的にキープできるので出っ張った頬骨がコンプレックスになっている人には有効な手術です。

名医によるアプローチですっきりした小顔に

解剖学に精通し再構築法/勝間田法(頬骨削り)についても熟知していないと、失敗するリスクが高まる術式です。

出血がひどくなったり不要な空間ができるとそこに血がたまって、感染症などが起きやすく、ドレーンの設置が行われると、より衛生面の注意が必要になってきます。

術後に、圧迫固定などの対応も仕上がりに重要になります。

当相談所では、名医の美容外科をご紹介をしておりますので、小顔を希望する方はお気軽にご連絡ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*