輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

下顎セットバックの修正はどういう流れなの?

受け口に見えている人の中には口元だけではなく下顎も前に突出している人がいて、下顎セットバックはこうした人たちの輪郭形成に適した方法の一つです。実際に下顎のみ手術を行ってみると違和感を感じる結果になることもあって、修正を行うにはいくつか方法があります。

下顎セットバックだけを行ったことで、今度は上顎が出ているように見えてしまうことがあります。この場合上顎のセットバックも行うことでバランスを整えられる場合があります。下顎の時と同様に、歯の抜歯や歯槽骨部分を切除して移動を行い、チタンプレートやワイヤーでの固定を経て、歯科治療に進み矯正などを行っていくことになります。

別々に手術を行うと完成まで長期間かかることになるため、シミュレーションで下顎セットバックだけを行うと違和感が出ると指摘されたときには、初めから上下セットで手術を受けたほうがある程度は期間を短縮することができます。食事の際により注意が必要になったり、痛みも感じやすくなるなど負担も増えることを知っておくべきです。

下顎セットバックの修正

きちんとシミュレーションを行う事が大切

下顎セットバックで医師の技術が未熟で、変形や移動しすぎてしまっている場合など、修正を行うためにもう一度前に戻すという行為は難しい場合があります。抜歯してしまっていることや骨を切ってしまっているため、下手に動かすことができないためです。引っ込めすぎてしまった時には、骨セメントといわれる頭蓋骨などが欠損した場合に埋めることができる、骨に似た成分を使って補ったり、人工骨を埋め込んで補うなどの方法があります。

下顎セットバックは正面から見た場合だけでなく、横から見たときの確認も重要で鼻から唇と顎を結ぶラインが崩れていて、出っ張っていたり引っ込みすぎていた場合は違和感がある見え方になってしまいます。医師がきちんとエックス線や3DのCT検査などを行ってシミュレーションもしっかりと行われていれば防げる失敗であり、そうした基本的なことを短時間で終わらせてしまうようなクリニックであれば手術を受けずに別なところに移ったほうが安心です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*