輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

下顎セットバックに失敗したらどうなる?

一般的に、上顎よりも下顎が突き出ることは少なくなっていますが、人間には個人差がありますので、中には下顎部分が突き出ている人もいます。しゃくれた顎、受け口などといわれている状態です。下顎が発達することでこのような顔の形ができあがりますが、矯正や手術で解消できるようになっています。
下顎セットバックという美容施術を受ければ、改善されます。下顎の部分にメスを入れて、引っ込める方法です。成功すれば、しゃくれた顎がスッキリとし、平均的な顔の形状を作り出せたり、横顔のラインが綺麗になるなど、美容的な効果が得られますが、失敗をすれば形が崩れたり、機能が低下するなどの問題が発生してしまいます。

下顎セットバックは比較的やりやすい手術とされていますが、手術医の技量が成功率の高さを変えますので、安易に治療を受けると取り返しがつかなくなります。
リスクを知った上で、正しい美容施術を受けることが、自分の身を守ることに繋がります。

下顎セットバックの失敗

施術後のトラブルについて

下顎セットバックで失敗すると、上顎とその周囲の神経を損傷する恐れがあります。麻痺が残ったり、腫れるなどの症状が出ます。口の開閉がし難くなる、違和感があるなどの問題も起こりやすくなります。
せっかく手術をしても、元の状態に戻ってしまったり、ほとんど効果が得られないなどの失敗例も存在します。
また、下顎セットバックでは、下の歯を抜歯した後に、歯科矯正でその隙間を狭めるようにします。歯科学の知識を十分に持った医師が手術を行わなければ、歯の部分にトラブルが発生するリスクが高まります。
歯の部分のトラブルとしては、かみ合わせが悪くなったり、歯の根元が露出してしまう、歯の骨を喪失するといったものがあります。最悪の場合には組織が壊死してしまい、別の部分から骨を採取して移植するなど、大掛かりな手術が必要になる可能性についても覚えておきたいところです。
全身麻酔を利用しますので、麻酔の影響によって喉や気道にトラブルが発生するリスクも持っています。

慎重に骨切りしないとオトガイ神経の麻痺が発生

上下顎セットバックでは、オトガイ神経に影響を与えないように手術することが基本ですが、骨切りの位置を誤ったり、視野を確保するため必要以上に皮膚の剥離を行い傷をつけてしまう医師もいます。少しのダメージでも影響が出て、痺れが残ることがありますが、大きなダメージを与えてしまうとオトガイ神経の麻痺に至ってしまうことがあります。中々回復することは難しく、また神経が通うようになる人もいますが後遺症が残ってしまうことが多いです。

おすすめは名医による上下顎セットバック手術を受ける

施術を受けたいと考えている人は、当相談所で経験が豊富な名医がいるおすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*