輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

下顎セットバックの名医をうまく探すには

受け口やしゃくれで悩んでいる人には、下顎セットバックがおすすめです。
下顎セットバックとは、下の左右第4か5番目の歯を抜歯し、骨ごと切り取ります。その空いたスペースを利用して奥に引っ込める美容整形手術で、日帰りの手術で1日で終了します。
反対咬合や受け口は、前歯よりも下の歯が突出している状態ですが、下の歯を1本ずつ抜歯することで位置をずらして後退させることが可能です。

反対咬合や受け口の治療には、下顎枝垂直骨切り術などもありますが、ダウンタイムが大きく、それほど重度な反対咬合でない限り、下顎セットバックが選択されます。
歯列矯正では、2~3年かかる修正を、この施術なら数時間で改善できるというメリットがあります。速効性があり効果が半永久的に持続し、口腔内を切開して行う施術のため、外から傷跡が目立つことはありません。
ただ外科的な治療となるので、リスクもあります。
失敗すると噛み合わせが悪くなったり、輪郭が凸凹になる可能性もあるので、経験豊富な名医に施術をしてもらうことが大切です。

下顎セットバックの名医

経験が豊富な名医を選択することがポイント

受け口や反対咬合は、歯列矯正でも治療は可能ですが、その場合2~3年治療には時間がかかってしまいます。その点下顎セットバック手術は、1日で修正することができ、半永久的に持続するというメリットがあります。

下顎セットバックは、技術を必要とする輪郭形成手術です。そのため経験が豊富な名医を選択することがポイントとなります。
歯列矯正ではなかなか効果がでない反対咬合や受け口の治療には、思い切って美容整形手術セットバック手術を受けてみてはいかがでしょうか。外科的手術のため抵抗がある人もいるかもしれませんが、確実に効果の得られる手術で、長年のコンプレックスから解放されます。下顎枝垂直骨切りのような大がかりな施術ではないので、ダウンタイムも短く、口腔内を切開するため、外から傷跡が目立つこともありません。

これから施術を受けようと考えている人は、メリットだけではなくデメリットもしっかりと説明してくれる医師を選択することが大切です。

下顎歯槽骨後退の名医

上下顎歯槽骨後退受けるならココ!評判の良い美容外科・クリニック

出っ歯や受け口を改善するには、歯列矯正という方法もありますが、普通は2~3年の時間がかかり、その間は痛みや不便さを伴います。また矯正後の横顔のバランスが崩れてしまうという欠点もあります。上下顎歯槽骨後退は手術で一気に出っ歯や受け口を修正する方法です。出っ歯には上顎歯槽骨切り、受け口には下顎歯槽骨切りが有効とされますが、上下顎とも突出している場合や、片方だけの手術ではバランスが悪くなる場合には、上下の顎を同時に手術する方法が適用されます。

かみ合わせを考慮して微妙な調節を行なう必要があり、美容整形だけでなく歯科的な知識も要求される手術です。もちろん美しいフェイスラインを作るには、医師の審美眼も重要になります。手術後に矯正が必要となるケースもあるため、信頼できる医師と十分に相談した上で施術を受けることが大切です。

上下顎歯槽骨後退は、骨を切る量の見極めが非常に重要です。失敗すると口元が不自然になり、歯のかみ合わせも悪くなる可能性があります。また手術の際に血管や神経を傷つけ、最悪の場合は顔面が麻痺したり口を開けにくくなったりする恐れがあります。かなり大がかりな手術になるので、スタッフや設備の整ったクリニックで施術を受けることをお勧めします。評判の高い名医であれば、機能的に問題ないだけでなく、美的にも優れた輪郭を形成できるでしょう。

上下顎歯槽骨後退の施術を受けると、値段は150万円~200万円ほどになるのが普通です。上顎のみ、下顎のみの施術なら、100万円程度で受けられる安いクリニックもあります。どんな手術が最も効果的か、よく話し合って決める必要があります。上下顎歯槽骨後退はダウンタイムが長い上に、切った骨が完全に癒合するまでには半年ほどかかるため、アフターケアがしっかりしたクリニックを選ぶようにしてください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*