輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

下顎セットバックのダウンタイムと注意点

下顎が発達してしまい上顎より前に突き出している方、顎がしゃくれている方がいます。そんな方々が下顎の出っ張りを解消する整形方法が下顎セットバックです。下顎セットバックとは下の歯を左右1本ずつ抜歯して、その空いたスペース分下顎を首側に持ってきて結合させる方法です。施術は口腔内から行うので、顔に傷は残りません。出っ張りがかなり目立つ方の場合、骨切りをする場合もあります。その分、下顎の出っ張りは解消されて小顔効果が出ます。しかし、この施術は高度な技術を必要とする上にダウンタイムが他の整形施術と比べると長い期間を要します。ダウンタイムとは術後の症状が落ち着くまでの期間のことです。どんな整形施術にもダウンタイムはあります。短期間のものですと数日程度ですが、この下顎セットバックの場合は長期間で一ヶ月以上かかるものもあります。また、術後一週間程の入院も必要になります。仕事や学校に行っている方は有給や長期休暇を利用しなければいけません。

下顎セットバックのダウンタイム

ダウンタイムに要する期間を確認

なぜこれほどダウンタイムに時間を要するかというと、下顎セットバックが神経の集中している箇所に行う大きな施術だからです。下顎セットバックの施術内容から分かるように口腔内の施術ですが、口は物を食べたり声を出したり表情を表す箇所です。そのため神経が集まっており、術後のきちんとしたケアも必要です。まず、術後は腫れや痛みが出ますし内出血を起こす可能性もあります。また、術後すぐには口を開け閉め出来ないため、入院中は流動食になります。そして、この施術にはリスクもあります。先程述べたように神経が集まっている部分の施術なので、神経を傷つけると痺れや違和感が残る場合があります。この施術を受けることを考えているなら、まずは経験の積んだ医師のいる信頼できるクリニックを探す必要があります。費用は高めになりますが、価格重視で安いところで行うと失敗する可能性があります。また、行う際は医師にダウンタイムに要する期間を確認して、仕事や学校の都合を合わせる必要があります。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*