輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

下顎セットバックのデメリットを理解して失敗回避!

下顎が発達してしまったため前に突き出したり、顔が大きい印象になってしまいコンプレックスを持っている方がいます。それを隠すためにマスクを常用している方もいます。誰もが小顔に憧れますが、下顎にコンプレックスを持っている方は小顔効果はもちろん、下顎の突き出た形自体を解消したいと考え、整形をする方が多いです。その場合、下顎セットバックという整形施術を行うと、突き出している部分の減少や小顔効果があります。施術方法は下の歯の左右1セットを抜き、その抜いた部分1本分の幅、下顎を後退させるという方法です。実際、幅が減るので見た目の効果はあります。また、持続性もあります。しかし、どんな整形施術にもメリットとデメリットがありますが、もちろんこの下顎セットバックにもデメリットはあります。もし、この方法の整形を考えているなら効果だけに注目せず、デメリットもよく理解した上で医師と相談して最適な施術を選ぶことをおすすめします。

下顎セットバックのデメリット

トラブルを回避するには

下顎セットバックは決して簡単な施術ではありません。そのため、術後は入院が必要となります。入院は一週間程で、術後、口を開けることができないので流動食になります。また、腫れや痛みは一ヶ月ほど続きます。また、口の周りは神経が集まっています。物を食べたり、口を開けたり、表情を作るための神経がありますが、下顎セットバックは施術中にそれらの神経を傷つけてしまう可能性があります。すると、痺れが出たり口の開け閉めに違和感を感じたりします。このように、この施術にはダウンタイムが長く、術後のリスクが大きいというデメリットがあります。また、高度な技術を必要とする施術なので、行うなら経験を積んだベテランの医師を探した方が安心です。経験が浅い医師の場合、失敗する可能性があります。失敗すると、見た目だけでなく後遺症が残ってしまいます。その場合、生活に支障が出ますし、クリニックともトラブルになる可能性があります。下顎セットバックにはこのようにデメリットがあることを理解した上で、行うかどうかを決めて下さい。行う場合は信頼できる医師、クリニックを探すことをおすすめします。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*