輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

上顎セットバックに失敗したらどうなるの?

上顎セットバックとは上顎の出っ張りを改善する美容整形法です。上顎が発達してしまったため、前に突き出した状態なので口元が目立ち、コンプレックスに感じている方は多くいます。そんな方々が見た目の改善、コンプレックスの解消を目的として受ける整形法です。施術方法は出っ張りを軽減するため、上の歯を左右1本ずつ取り除きます。そうすると1本分のスペースが空くので、前歯を空いたスペース分後ろに詰める形で上顎を接着しなおします。

すると取り除いた分、出っ張りもなくなるので見た目にも効果が現れます。しかし、どんな整形法にも成功例があれば失敗例もあります。上顎セットバックも成功すればコンプレックスは解消されますが、失敗するとその修正や後々の症状に悩む場合もあります。それを考慮した上で医師と相談して受けるかどうかを検討した方がいいです。では、ここでもし失敗するとどのような症状が出るのか、どのような対処が必要となるのか簡単に紹介いたします。

上顎セットバックの失敗

いろんな可能性を考慮した上で検討しましょう

まず、上顎セットバックは歯を取り除く際に骨を切ります。この時の切る角度が成功と失敗を分ける重要な要因になります。切った部位に前歯部分の顎を接着させるからです。角度が合わないと、接着の際、段差が生じて術後に凹凸感が出てしまいます。その際は骨が完全に固定してしまう前に再手術が必要となります。ですから術後に違和感を感じた場合はすぐに医師に相談する必要があります。また、上顎セットバックの施術部位は口元の神経が集中しています。

そのため手術の際に神経を傷つける可能性があり、その場合、後遺症として痺れや口を開け閉めする際の違和感を生じる可能性があります。また、その場合、クリニックがどのように対処してくれるかは受けた先によって異なります。返金などをめぐってトラブルになる可能性もあります。このように上顎セットバックには失敗する可能性もあると共に、その場合トラブルや後遺症を抱える可能性もあります。受けることを考えている方は、このような可能性も考慮した上でよく検討して下さい。

上顎セットバックに失敗したらどうなるの?

上顎セットバックの失敗として起こり得る「たるみ」いったいどういう状態?

歯が引っ込んだ分のたるみ処理が行われないクリニックがあります。

顎の骨から前歯が前に出っ張っていた分を引っ込めると、歯肉や皮膚にあまりが出ます。特に皮膚は前に引っ張られて伸びていた部分が余分で、切り取らないと垂れ下がってたるみになってしまうことがあります。手術の際は口内から切開して行われま応を取らない医師はそのまま放置してしまって、日数が経過すれば馴染んでくると患者に言うような医師もいます。

十分に後方移動せず効果が無いように見える

口元が前に出てしまっているとき、上下の前歯を骨ごと後方に移動させる上下顎セットバックは、上下左右の4番を抜歯後、その部分の歯槽骨も骨切りして取り除き、できた隙間分の移動をします。慣れていない医師が行ってしまうと十分に後ろに移動させずに骨を固定してしまい、移動量が少なくなってしまうことがあります。移動量が少ないと大きな変化が感じられないため、以前とあまり変わらないように見えて手術に効果が無いように感じる人も出てきます。

おすすめの美容外科のご紹介

歯や骨の状態には個人差があり、状況に適した上下の顎セットバックが行われないと十分な効果を得ることができません。経験が不足している医師による施術はそれだけ失敗のリスクが高く安心できませんが、名医であればリスクを軽減して口元の形を理想に近づけることができます。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*