輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

え?そんな…実は怖い顔(ほっぺ)の脂肪吸引の失敗3つと修正手術

小顔形成、アンチエイジング効果もある顔の脂肪吸引

顔が大きく見える、たるんで見える原因のひとつには余計な脂肪がついていることがあげられます。

それゆえに余計な脂肪を取り除くことで顔を小さく引き締め、たるみを目立たなくすることができます。

脂肪を取り除くにはマッサージなどの努力も大切ですが、即効性を希望するなら脂肪吸引が効果的です。

傷が目立つのではという心配もありますが、耳の後ろなど目立たない部分から切開しますので、傷が目立つ心配もありません。

こうした施術を行うと脂肪をしっかり取り除くことができますが、美しい自然な仕上がりにするためには医師の技術力の高さが大切となります。

を取り過ぎてしまった場合は顔がこけてしまう、老けて見えてしまうということにもつながりますので、適度に脂肪を残しておくことも大事です。

もし仕上がりが気に入らないという場合は修正も考えていきたいですが、やはり体には負担となりますし、治療の費用も高くなりますので、一度の施術で理想の仕上がりにすることが大切です。

顔(ほっぺ)の脂肪吸引の修正

トラブルに注意しよう

美容整形の失敗。聞いただけでぞっとしますよね。

今や芸能人のものだけではなくなりつつある美容整形ですが、施術を望む人がが多くなればなるほど悪質なクリニックや安全性が不確かな技術が多くなるのも事実です。

海外、国内問わず美容整形手術失敗による死亡例も少なからず耳にしています。美しくなりたいがために意を決して高いお金を払い、受けた手術で一生を台無しにされては元も子もないですよね。

特に顔の手術の場合、ほんの1ミリの傷でさえ新たなコンプレックスになり得ます。

ましてや頬に挿入したプロテーゼがずれて左右の顔の大きさや高さのバランスが全く異なってしまったり、目頭切開の手術を受けてイメージと相反する宇宙人のような目になってしまったり、明らかに不自然な仕上がりではコンプレックスどころか外出すらままならない状態になりかねません。

そうならないためにも、リスクを理解し、信用できるクリニックや自分に合った手術法を見つけることが重要になります。

上手な医師・クリニックの特徴

顔(ほっぺ)の脂肪吸引を行って起こるリスクとしては、皮膚が硬くなるということがあげられます。
脂肪を吸引した部位というのは、空洞化してその部分の組織を修復しようとして繊維質が接着剤のように、空洞化した部分に張り巡らされます。

こういった皮膚が硬くなった部分というのは、表面がでこぼこにもなり、硬さが目立ってしまいます。

こういった失敗を防ぐためには、上手な医師を選ぶことが大切です。

上手な医師の特徴としては、事前のカウンセリングで、患者一人一人の特徴をよく理解し、患者との意思疎通がうまくできるということがあげられます。

脂肪吸引の技術が未熟な医師というのは、カウンセリングをしっかりとおこなわないため、脂肪をとりすぎてしまったり、見た目も不自然になってしまいます。

ほっぺの脂肪は、ダイエットではなかなか落とすことができませんから、脂肪吸引はそういった悩みを改善するには有効な方法です。

ただ、顔の脂肪というのは、とりすぎてしまうとやつれて見えたり老けて見える、こけて見えるなどのリスクを伴いますから、適量を吸引する技術が必要となります。

一人一人脂肪の付き方や量は異なりますから、患者一人一人にあった量を吸引できる技術が必要です。

顔(ほっぺ)の脂肪吸引の失敗

手術を受ける側も正しい知識が無いと失敗する

顔の大きさに悩む人はかなり多いのではないでしょうか。特にアジア人の場合、顔の肉づきがいい人や咬筋がなく異常に発達してえらが張ってる人が白人に比べて多いように感じます。

まず、一口に小顔整形といっても、悩みによって適切な施術が変わってくることを覚えておきましょう。

小顔整形といわれて一番最初に思い浮かべるのは顔(ほっぺ)の脂肪吸引ではないでしょうか。

しかし、顔(ほっぺ)の脂肪吸引はえらが張っているために大顔に見えてしまっている人には効果的とは言えません。

もし粗悪なクリニックで間違ったカウセリングの末、医師がえらタイプの人に脂肪吸引を施術したなら、確実にその手術は失敗と言えるでしょう。

なぜなら、脂肪で顔が大きくなっている訳ではないこの人の脂肪を取り除いたところで顔は大きいままだからです。

この医師は脂肪吸引ではなくボトックス注射か、えら骨削り術を選択すべきだったのです。

更に脂肪吸引のリスクとして神経の損傷や脂肪の取り過ぎによって頬がこけてしまうことなどが挙げられます。手術を受ける側も正しい知識を持つことが必要ということを覚えておきましょう。

顔(ほっぺ)の脂肪吸引で失敗したら、皮膚が硬くなる?

顔(ほっぺ)の脂肪吸引は、拘縮が強く生じて皮膚が硬くなることもあります。太ももやお腹のように、明らかにたっぷりの脂肪があるパーツとは違い、顔の脂肪は浅い層の部分にしかないため、顔の脂肪吸引を行う際には、非常にデリケートな部位への対応となります。過剰に脂肪を顔からなくすことで、柔軟であった顔の皮膚が硬くなることさえあるため、無理に顔からたくさんの脂肪をなくすことは考えないで、バランスを重視します。

顔の脂肪吸引と脂肪の取り過ぎ

顔のほっぺの脂肪を気にする人は、その脂肪自体に悩みを感じています。顔(ほっぺ)の脂肪吸引は、その悩みを解消できる美容整形ですが、脂肪の取り過ぎには注意をする必要があります。

本人的には顔の脂肪をたくさんとって、スッキリと痩せた印象を出したいでしょうが、過剰になくすとバランスが悪くなります。本来顔の頬には、適度な脂肪があったほうが、顔は若々しく見えますし、ハリのある艶のある肌に見えるからです。

顔の脂肪吸引でやつれる・こける

顔(ほっぺ)の脂肪吸引は過度にやり過ぎますと、やつれる・こけるといった問題が出ていてしまいます。

頬の脂肪の多さに悩む人は、それが強いコンプレックスになっているために、美容整形で脂肪吸引を顔にするならば、できるだけ脂肪を顔からなくしたいと考えます。

しかし盲点なのは、顔の頬にある程度の脂肪が必須であるということです。無駄に脂肪吸引で顔から脂肪をなくすことで、見た目はやつれて貧相になります。

顔の脂肪吸引はおすすめ

顔のほっぺの脂肪を美容整形で改善するならば、顔(ほっぺ)の脂肪吸引は、おすすめな治療方法です。

物事にはバランスというものがあるように、顔のほっぺの脂肪吸引も、よいバランスでの脂肪吸引を行うことが、理想の顔の脂肪状態をゲットする成功の秘訣になります。

過剰に顔の脂肪を脂肪吸引するのではなく、全体的な顔のバランスを考慮しながら、ベストな顔の状態を求めて、ドクターとも相談をして脂肪吸引は行います。

名医のご紹介はこちらから

顔(ほっぺ)の脂肪吸引を行うと頬のたるみを取り除くことができ、若々しい引き締まった顔にすることができます。

顔(ほっぺ)の脂肪吸引は一度の施術で高い改善効果を期待することができますが、本格的な施術ということで腫れや痛み、内出血が強く出る可能性もありますので、カウンセリングの際はダウンタイムについてもよく確認しておきましょう。

顔はとても目立つ部分で隠すことも難しいので、できるだけ腫れ、内出血は抑えたいところです。
そして脂肪は取り過ぎてしまうとバランスが悪くなったり、老けて見える、不健康になってしまう可能性もあります。

こうした場合は修正も可能で、脂肪の再注入などを行うことで改善を得ることもできますが、こうした治療も体に余計な負担がかかりますし、きれいに仕上げるためには高い技術力も必要です。

修正はかなり難しくなりますので、一度の施術で良い結果を得るためにもできるだけ名医と呼ばれる医師に対応してもらうことが大切です。

ご紹介は下記のメールフォームまでお問い合わせください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*