輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬の脂肪注入のダウンタイムは長い?短い?

頬がこけてしまっていると、顔の骨格が目立つようになりますので骨ばったフェイスラインになってしまい見た目にコンプレックスを感じてしまう女性は少なくありません。また年齢を重ねるとだんだん皮膚はたるみやすくなりますので、目の下が窪みが出来たり、肌のたるみによって口周りにほうれい線が出てしまう恐れがあるため、老化が目立つ恐れが出てきますので、ふっくらとしたハリのある美しい頬を手に入れたいと思う方に人気になっているのが、美容外科クリニックや美容皮膚科クリニックなどの医療機関で受けることが出来る頬の美容治療です。
多くの美容クリニックではふっくらとした肌を手に入れる方法として、ヒアルロン酸の注射やシリコンプレテーゼの挿入など様々な方法をとっていますが、施術時間が長くなるほど肌に負担がかかるのでダウンタイムの症状も強く出る可能性があります。
そのため出来るだけ肌に負担の少ない施術を利用する必要があるのです。

頬の脂肪注入のダウンタイム

メリットについて

ヒアルロン酸注入は短時間で行える上にダウンタイムが殆どないメリットがありますので、初めて頬の注入治療を行う場合はヒアルロン酸を利用する方が多いですが、一度注入をしてから時間が経つとどんどん肌にヒアルロン酸が吸収されてしまうので、定期的にクリニックで同じ治療を受け続けることが必要になりますので、一度の治療で半永久的に綺麗な状態を維持したい方には向いていません。
そこで利用する方が増えてきているのが頬の脂肪注入の施術です。この治療方法は太股やお腹から脂肪を抽出して、そのまま頬の脂肪注入に使用するため自分自身の体の脂肪を利用しているので、体に拒否反応が出ることが無くすぐに体に馴染むので自然な仕上がりにすることが出来るメリットがあります。
ただヒアルロン酸注入に比べて注入にかかる時間が多い特徴があるので、施術を行った後内出血や腫れなどが強く出てしまう恐れがあります。人によっては痛みが伴う場合もありますので安静にすることが必要です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*