輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬インプラントの修正は何回できる?

頬インプラントとは、文字通り頬の上にインプラントを挿入することで、頬の形を整えて綺麗な形の頬にするというものです。メリットと効果としては、頬が膨らむので肌のたるみが解消され張りが出ます。一方でデメリットやリスクとしては、違和感があったり感染症があります。また頬インプラントの失敗としては、不自然な印象になってしまうということで、インプラントを除去したり入れ替えなどの修正手術を受けるケースもあります。
基本的な美容整形術で、局所麻酔によって行なわれる手術です。大規模な美容整形術とは異なり比較的難易度の低いものですが、仕上がりや術後のトラブルを避ける場合には経験を積んだ医師を選択する必要があります。特に事前に仕上がりのシミュレートをしっかりと行ったり事前検査を行い手術中のトラブルを最小限に抑える努力をしている医師が良いとされます。またアフターケア保証が整っているクリニックを選ぶことも美容整形術を受けるさいのポイントになります。

頬インプラントの修正

顔の数ミリの変動があるだけでも印象が大きく変わる

頬インプラントは、顔に人工物を挿入するというものです。顔の数ミリの変動があるだけでも印象が大きく変わります。このため仕上がりによっては想像していたものと違ったりする場合があります。また時間が経つことでインプラントが浮かび上がってくるといったケースもあります。いずれにしても人工物は半永久的に形を維持することになりますが、顔の筋肉や皮膚は時間が経つことで変化してきます。このため、理想の形とするために修正をするケースも多くあります。
頬インプラントの修正の回数はその人の状態によって変わってきます。例えば新しくインプラントを挿入しても上手く癒着してくれないケースもあります。除去して新しいのを入れるにしてもそもそもダメージを与えているため上手くいかないケースもあります。いずれにしても修正手術としても短期間で同じ手術を受けるのは組織へのダメージが大きくなり後遺症のリスクも高くなります。また医師もリスクの高い手術は避けるのが一般的で十分に間を開けたとしても回数も3、4回までが一般的です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*