輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬インプラントに失敗するとどうなるのか

頬インプラントは、近年、美容外科では人気の施術として急速に広まっていますが、メリットばかりではなく失敗をする可能性も場合によってはあります。
そうなった場合には、具体的には左右の印象が違ったり、あまりにも似合わない頬になったり、不自然な印象になったりするなどが挙げられます。
せっかく、決心をして頬インプラントを受けるのであれば、このような失敗を避けるために美容外科や医師の選び方は、とても重要だと言えます。
失敗をしてしまうことで、インプラントを除去する施術を再びうけなければならないこともあります。
そういったリスクを回避するためにも、これから頬インプラントを検討している方は、知識や情報を出来るだけ仕入れておく必要があります。
きちんとした信頼のおける美容外科では、こうしたリスクを回避するために、患者にも適切なカウンセリングを充分に行った上で、施術を行いその後のアフターケアも万全に行っているのが普通です。

頬インプラントの失敗

失敗例の説明など、術前のカウンセリングも重要

頬インプラントを行うと、頬が美しい形になりたるみも解消できて、若さを取り戻すことが出来るのですが、このように失敗もあり得ることを知ると、慎重に美容外科や医師を選ぶことがいかに重要かが納得されるでしょう。
場合によっては、感染症を起こしてしまったり、施術後にいつまでも頬の違和感が残って後遺症になってしまったりすることもあります。
頬インプラントのメリットを最大限体感出来るようになるためにも、術前のカウンセリングも重要な要素です。
納得が行かない場合には、失敗をしたらどんな風になる可能性があるのかまで、きちんと説明をしてくれる美容外科を選ぶようにしましょう。
メリットばかりでリスクを説明しない美容外科は、逆に、信頼できないと言えます。
患者に対して、適切に情報を提供して分かりやすく説明を行い、カウンセリングを充分に行ってくれる美容外科が望ましいでしょう。
美容外科を選ぶ際には、この点にも注意をして検討してみてください。

頬インプラントに失敗するとどうなるのか

頬インプラントの失敗例。感染状態になるとどうなっちゃうの?

手術による感染症のリスクもあります。

頬インプラントの手術は、口の中や、まつげの際を切開して、頬にインプラントを挿入していきます。
頬の形をふっくらと丸みを持たせることが出来るので、エイジングケアなどに人気です。
しかし、衛生管理がきちんとされていないクリニックでの施術を行うと、感染症のリスクが高まります。
感染症になってしまうと、腫れや炎症が続くだけでなく痛みが発症する場合おあります。
早めの処置が必要なので、違和感は医師にきちんと伝えましょう、

効果・変化がないとは

頬インプラントの美容整形手術において、手術をしたのにも関わらず、効果・変化がないというケースがあります。
これは、挿入するインプラントの形や大きさが合っていなかったり、挿入する位置が正しくなった場合に起こりやすいものです。
効果が感じられない場合には、他の手術による修正手術が必要になる場合もあります。
このような場合には、短期間で複数回の手術を行うこととなるので体への負担も大きくなります。

被膜拘縮(カプセル)

被膜拘縮(カプセル)とは、体内に異物が入ってきたときに、それを排除しようとする体の自然の働きです。
異物の周りに膜を作り固くしてしまうのが特徴です。
頬インプラントの手術でもこの症状は起こりやすいものです。
挿入位置や、挿入するインプラントのサイズが合っていなかった場合に、症状が出やすくなってしまうので、医師の正しい判断と、手術に対する確かな技術力が必要です。
違和感がある時には早めに相談しましょう。

安心できるおすすめの方法

頬インプラント挿入手術に限らず、美容整形手術を受ける時には、安心できるおすすめの方法があります。
それが事前に医師のことをきちんと知らべておくことです。
医師にもそれぞれ得意分野があり、その得意分野の手術であれば、経験が豊富なので技術力も高く、またきれいな仕上がりになりやすいです。
通常の手術費用よりは高額になってしまいがちですが、失敗のない仕上がりのきれいな状態を期待できるのがメリットです。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*