輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬ハイドロキシアパタイトに失敗したらどうなる?

頬の部分にハリがなくなると、皮膚がたるんで、老けたような印象が強くなります。痩せこけたようにも見えますので、健康的な肌を作るには、この部分に美容整形をするのが手っ取り早い解決策です。

美容整形の方法として、頬ハイドロキシアパタイトがあります。ハイドロキシアパタイトという成分を、注入器で頬の部分に入れることで、頬にハリを作り出し、美容的な悩みを解消してくれます。

比較的安全な美容整形で、プチ整形の部類にも入るやり方ですが、失敗をすると見た目が悪くなるリスクを持っています。
頬ハイドロキシアパタイトの失敗として多いのが、成分の注入量についてです。量が少なければ、後から足すだけで済みますが、問題となるのが量が多すぎた時です。量が多すぎると、不自然に頬が膨れ上がったように見えてしまいます。顔が大きくなったり、腫れているような見た目になる、太ったような印象を与えるなど、美容とは離れた結果になりますので、気をつけたいところです。

頬ハイドロキシアパタイトの失敗

デメリットについて

注入量が多すぎることによる頬ハイドロキシアパタイトの失敗例は修正はできますが、時間がかかるというデメリットがあります。
頬ハイドロキシアパタイトと似たような方法として、ヒアルロン酸注入があります。ヒアルロン酸でも注入量が多すぎることで、同じような失敗をすることがありますが、ヒアルロン酸の場合には分解する酵素が存在するため、それを注入すればすぐに元へと戻せます。
一方のハイドロキシアパタイトの場合は、分解する成分が存在しません。今すぐ修正することができず、自然に身体に吸収されるまで待たなければならないというデメリットがあります。
ハイドロキシアパタイトは身体に吸収されても、害を及ぼすことはまずありませんが、直ちに修正をするには向かない美容整形だと理解しておくことが重要です。
また、硬めの成分であることから、しこりが出来やすいという部分も持っています。リスクが心配なら、頬ハイドロキシアパタイトよりもヒアルロン酸注入を選ぶことをおすすめします。

おでこ・額のアパタイトに失敗、効果が無いなんてあり得るの?

おでこ・額のアパタイトの手術では、場合によっては、手術後に効果が無いということもあります。
これは、医師とのカウンセリングが十分に行われずに、仕上がりのイメージがきちんと伝わっていなかったことが原因となりやすいです。
名医であれば、カウンセリングを丁寧に行い、レントゲン写真を見ながら手術についての説明をきちんと行ってくれます。
簡単な口頭だけでのカウンセリングでは、失敗の可能性が高いので注意しましょう。

アパタイト注入部の傷跡

おでこ・額のアパタイトの手術では、耳の上から反対側の耳の上までの皮膚を切開して、頭蓋骨のおでこの部分にハイドロキシアパタイトという素材を塗って形を整えていきます。
切開する範囲が非常に大きいので、注入部の傷跡についてもリスクが大きくなります。
特に技術力が未熟な医師の場合、切開時や縫合時の傷跡が汚く、傷跡がケロイド状になってしまって、目立つようになってしまうという失敗例もあります。
ツッパリ感が残る可能性もあります。

手術によるやけどのリスク

おでこ・額のアパタイトでは、頭蓋骨にハイドロキシアパタイトという人工的な骨をペースト状にしたものを塗って、形を整えていきます。
しかし、このハイドロキシアパタイトは、固まるまで10分ほどかかり、その間に熱を発するので皮膚がやけどしてしまう可能性があります。
やけどの状態にもよりますが、重症化してしまうと傷跡が残る可能性もあります。
技術力が低い医師による手術の場合に、起こりやすい失敗です。

名医による手術が必要

おでこ・額のアパタイトの手術では、切開する距離が長いだけでなく、やけどや仕上がりの状態などのリスクがあります。
そのため、技術力が高く、輪郭の美容整形手術を専門としているような名医を選んで手術を行うことが大切です。
失敗してしまうと、傷跡が目立ってしまい、さらなるコンプレックスとなる可能性もあります。
理想的なきれいな仕上がりを求めるのであれば、技術力の高い、信頼のおける医師を探しましょう。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*