輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

頬骨削りの名医!芸能人の小顔フェイスラインを作る11個の手術方法まとめ

頬骨削りのクリニックで名医を探すためには、カウンセリングをじっくりと行って信頼できるドクターかどうかを見極める必要があります。

頬骨削りの手術では設備や手術の内容、難易度によって料金が異なってくるだけでなく、医療技術やセンスも問われることになります。

アフターケアまできちんと責任をもってくれる体制が整っているかどうかもチェックする必要があります。

カウンセリングがメールのみだったり、面談でも5分程度で終了してしまうようではトラブルがあったときに困りますし、頬骨とはいえ、見た目を左右する顔を手術することになりますから、トラブルが生じたときにあきらめがつかなくなります。

体内で溶ける糸を使ったり、EZカンターと呼ばれる医療器具を使うなど医療設備についてもきちんと説明を求める必要があります。

ダウンタイムや経過、腫れ、痛みなどについても一般的な症例と具体的な対処方法をあわせて説明してくれる信頼できるドクターを選ぶべきです。

頬骨削りの名医!芸能人の小顔フェイスラインを作る9個の手術方法まとめ

頬骨削りは外科手術

頬骨削りの手術は2時間から3時間ほどで入院する必要もなく、当日からメイクができ、翌日からシャワーもできるという説明がされます。

それだけを聞くとそれほど難しい手術ではないのかもしれないと考えがちですが、頬骨削りは外科手術であり、全身麻酔を必要とする手術です。

費用と時間など都合さえつけばいつでもできるといった美容法とはやはり異なることを自覚しておく必要があります。

設備面では麻酔医が在籍している、入院設備が整っている、手術前に3DCTでレントゲン撮影をすませている、スタッフとの連携がとれているといったところを自分の目でチェックしておく必要があります。

名医であってもスタッフとの連携がとれていなければ、設備面で不具合があるようであれば緊急時に必要な対処が即時にできない場合も考えられますし、管理体制については3人チーム制などを採用しているクリニックのほうが安心できます。

頬骨は薄いため、再手術が可能であっても理想どおりに仕上がるかどうかは疑問が残るというリスクも知っておくべきです。

頬骨削りの名医

一條 りおなのような輪郭になるにはどういう整形が良い?

一條 りおなは、大阪でもっとも有名なキャバ嬢で、雑誌小悪魔agehaのモデルとしても人気があり、大きくて輝く瞳で多くの男性を魅了しています。

顔立ちの美しさを引き立てているのは、そのたるみのない輪郭で、人形のように大きな瞳をより際だたせています。
輪郭は骨格ですから、なかなか自分で変えることはできません。

たるみを解消するのは、エステなどでも可能ですが、骨格自体を変えるのは、美容整形手術が有効です。
小顔整形には、頬骨削りやエラ削り、顎削りがあります。

頬骨削り

頬骨削りは、頬骨体部や頬骨弓にある自然なカーブをいかしたまま、内側へと移動させることで、頬の張りだしを改善させる方法です。

全身麻酔で行い、口腔前庭切開で手術を行うので、傷跡は外からは見えません。

また、もみあげ後方を切開して行う場合でも、傷口は目立ちにくいので安心です。

エラ削り

エラ削りは、張り出したエラの一番角張った箇所の後ろを1センチ程度切開し、そこからエラの角と咬筋を削り取っていきます。エラを削ることで、正面から見たときだけではなく、横顔もすっきりとし、美しい輪郭を作り出すことができます。
術後の腫れは、2週間ほど続き、1ヶ月ほどで自然な感じになっていきます。

傷口が目立つのが嫌な場合には、口腔内を2センチ程度切開して、そこから咬筋を削っていきます。
ただ、この方法は、骨を削るわけではないので、横から見たエラの角度は変わりません。

小顔整形(バッカルファット、頬と顎の脂肪吸引)

小顔整形は、美しいフェイスラインになり、小顔にすることができるというメリットがありますが、一方で、デメリットもあります。

美容整形は正式な医療行為ですから、もちろん信頼性も高いといえますが、中には技術の未熟な医師やクリニックも存在し、無許可医による被害も増加しています。

特に、小顔整形は、大がかりな外科手術となることが多いため、失敗すると簡単には元通りというわけにはいきませんから、きちんとリスクを知っておく必要があります。

板野友美みたいにたるみ、しわの無い顔を作るフェイスライン整形

板野友美さんのように顔にたるみやしわ、くまなどがない顔になるには、美容成分がたっぷり配合された高級美容液などを使うこともありますが、整形も選択のひとつになります。

顔のフェイスリフトにはいくつか種類があり、メスを使うフェイスリフト手術、糸によって皮膚を引き上げる糸のフェイスリフト、照射系治療のレーザー治療、プチ整形と言われるヒアルロン酸などを注入する注射系治療などがあります。

手術によるフェイスリフト

手術によるフェイスリフトは、しわやたるみを改善するための手術で、額、頬、顎、首など部分分けがありますが、顔全体はつながっているため複数箇所の手術を組み合わせることで効果的な場合もあります。顔のたるみは皮膚だけではなく、深部にある皮下組織などがゆるんでいる場合が多く、皮膚だけを引っ張っても効果がない場合があり、その場合は手術で筋膜から引き上げることもあります。

糸のフェイスリフト

糸のフェイスリフトは、皮膚に糸を挿入してシワなどを改善する治療で、糸でたるんだ部分を引き上げる方法や糸を埋め込んで組織を引き締める方法があります。

糸で皮膚を引き上げる治療はたるんだ部分を糸で引っ張り改善します。糸を埋め込む方法は、それを利用して組織を反応させて肌質をよくする効果が期待できるものです。

糸のフェイスリフトは比較的小さな改善には効果的ですが、術前に想像していたよりも効果が弱く感じる、長持ちせずに長期的な改善が難しいなどの点がありますが、メスを使わずに法令線などを手軽に改善することができる施術のひとつです。

レーザー治療

レーザー治療は、化粧ノリが良くなるなどメリットもあり、表皮のハリが失われることで原因で発生するシワなどには効果的で毛穴や肌質の改善には効果が期待できます。

ヒアルロン酸などを注入するプチ整形

ヒアルロン酸などを注入するプチ整形はしぼみやくぼみが生じた箇所にヒアルロン酸などを注入したり、膨らんだ部分の脂肪を除去するなど局所的な改善が期待できます。たるんだ部分を引き上げることはできませんが手軽なので法令線などを一時的に目立たなくするには良い方法です。

審美歯科治療・インプラント挿入・セラミック

歯並びはフェイスラインに大きくかかわるものです。歯科治療についての情報もまとめます。

板野友美が以前八重歯だったのを治したように、きれいに整えたいのであればいくつかやり方がりますが、矯正だと年数がかかってしまうためいち早く進めていくためには別な方法を検討することが大切です。合わせてくすみを消して白さも取り戻したいのならセラミックを利用する方法があります。

差し歯や被せ物は、金属を用いると口を開けたときに目立ってしまったり、アレルギーの人は影響が出てしまう事がありますから、オールセラミックにすればその心配がなくなります。色も何段階化あるため、不自然な真っ白にならず、周りの色に合わせて入れることもできます。

インプラントを行うときには、顎の骨の状態から調べる必要があって、しっかりと調べることができるクリニックであるとともに、きれいに整えるためにも丁寧な施術を受けることができる医師に行ってもらうことが重要です。時間がない場合には1日で行えるインプラントもありますが、高い技術が必要です。

少しデコボコしているのを整えたり、色素沈着を取り除きたいときにはラミネートベニアによる施術も優れています。歯の表面を薄く削って、ネイルチップのように貼り付けるもので、通常2日間で仕上げることができます。痛みもなく表面を0.5mmから0.7mm程度だけ削り型取りを行い、2日目に身体に害のない強力な接着剤でラミネートベニアを貼り付けます。光をあてることでしっかりと固定される様になっているため、すぐに剥がれてしまうような心配はない方法です。

おすすめの美容外科・名医のご紹介はこちらから

以上、フェイスラインから輪郭骨切手術、脂肪除去、審美歯科治療とすべてを網羅してみました。

たとえば輪郭骨切りの手術では、技術の低い医師が行うとかみ合わせが悪くなってしまって、会話や食事のときに困る結果になりかねないので、専門的な知識と技術がある医師を見つけることが先決です。

当相談所では口元を美しくして板野友美のようになれる輪郭形成、小顔リフトアップ、審美歯科治療(セラミックやインプラント、ラミネート治療)などを行える名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*