輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ・額のシリコンプロテーゼのリスクについて知りましょう!

おでこがへこんでいたり、額が平べったいなど、立体感のない顔立ちなので、もっとメリハリをつけたいと思っている方があれば、美容外科に相談すれば、おでこ・額のシリコンプロテーゼ挿入を勧めてくれます。
へこんだ部分や平らな部分にシリコンプロテーゼを挿入すれば、顔にメリハリが出来て、若々しく見られるので試してみるようにしましょう。
ただしこの手術は信頼できる美容外科に任せないと、失敗する可能性があるので、リスクをおかしたくないなら、実績豊富な名医のいるところに行くようにしましょう。
どんなリスクがあるかといえば、菌に感染して傷口が化膿したり、出血による血が溜まって、顔がぱんぱんに腫れあがったりしますし、神経を傷つけてしまったせいで、顔面麻痺が起こってしまうこともあります。
カウンセリングの際、おでこ・額のプロテーゼのリスクについてきちんと説明してくれて、アフターケアも万全だと保証してくれる美容外科なら信頼できるので、どこで手術を受けるか迷ったら、口コミを読んで決めるようにしましょう。

おでこ・額のシリコンプロテーゼのリスク

安心して手術を受けるには

おでこ・額のシリコンプロテーゼ挿入にはさまざまなリスクがあるので、それをまともに説明しないまま、手術を行おうとする美容外科は信用しない方が良いでしょう。
たとえ何らかのトラブルが起きた場合でも、すぐに対処できると確約してくれる美容外科なら安心して任せられるので、カウンセリングのときにしっかり確認しておくようにしたいですね。
おでこ・額のシリコンプロテーゼ挿入を行ったあとにプロテーゼがずれて、見た目が変になることもありますし、プロテーゼの量に問題があり、おでこが膨れ上がったようになったり、逆に入れたはずなのにほとんど印象が変わらないこともあります。
おでこの異物感がいつまでも続くこともあるので、そんなときはプロテーゼを入れ替えたり、ヒアルロン酸注入で調節したりしますから、仕上がりが気に入らない場合はすぐに医師に相談することが大切です。
どんなリスクがあるのかを知っておけば、いざというときにあわてなくて済みますし、アフターケアが整った美容外科ならすぐに対処できるので、安心して手術を受けるようにしましょう。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*