輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

何日休みがあればいい?おでこ・額のセメントのダウンタイム

おでこ・額の整形手術や施術を受けた後、副作用を心配する方が非常に多く存在します。その中でも特に気になるのが、セメントと呼ばれる整形手術です。セメントとは、おでこ・額に骨セメントを挿入して、丸みを出す美容整形手術のことです。実際にメスを入れてセメントを入れる手術なので、かなりのデメリットやダウンタイムを要します。一般的な施術は、ヒアルロン酸の注入などの注射で行いますが、完全な丸みを手にすることは時間がかかります。セメント手術は、注射施術に比べて変化が大きく、目に見えるため、人気のある手術となっています。毛髪やこめかみの部分にかけてメスを入れるため、傷跡が残り、セメント場所の修正が難しいというデメリットが生じます。麻酔を使用した手術となり、局所麻酔と静脈麻酔かになります。静脈麻酔の場合、手術中の意識がないため、痛みや術中を見なくても済みます。多くの場合、保険適用外による手術となりますが、手術に失敗したという声が後を立ちません。

おでこ・額のセメントのダウンタイム

徹底した術前検査が必須

おでこ・額のセメント手術を行い、修正が必要であったり失敗してしまったという人が現在までに増え続けているなど、今や整形手術による医療事故は社会問題となっています。通常のダウンタイムは、術後10日から15日前後で抜糸となりますが、同時に酷い腫れや痛み、内出血に襲われます。設備が整っている整形外科では、傷口の化膿やおでこ・額のセメント部分の変形を防ぐために、症状に対応した処方を行うのですが、一部のクリニックでは術後経過をずさんに対応したために、副作用やセメントの修正が必要になることもあります。セメントの修正を含めた手術は、技術を要するものとなりますので、徹底した術前検査が必須となっています。術前検査を行わなかった、粗末な検査をした場合は、整形後のつらい副作用に悩まされることになります。美容整形の症例は数多くありますが、セメント手術の場合は、担当される先生や口コミを調べて、カウンセリングを受けるようにしましょう。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*