輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

失敗したくないならおでこ・額のセメントのデメリット3つ

皆さんは自分のおでこ・額の形をじっくり観察したことはありますか?目や鼻などのわかりやすいパーツとは違い、特に前髪などで隠れやすいおでこ・額に関してはあまり気にする機会は多くないかもしれません。

しかし、おでこに丸みを持たせたり、額の凸凹をなめらかに整えるだけで顔の印象は大きく変わります。男性の場合はキリリとりりしい印象に、女性の場合はやわらかく女性らしい印象を与えることができます。

また、日本人は欧米人と比べて顔の彫りが浅く、横顔も平坦でのっぺりとした印象になりがちですがおでこに丸みを持たせることによって顔に立体感を出し、欧米人のような彫りの深い顔立ちにすることも出来ます。

二重まぶたや鼻を高くするといった手術に比べてあまり有名ではないおでこ・額整形ですが、顔の印象を変える力は大きくあるといって良いでしょう。もちろん、手術にはメリットだけでなくデメリットもあります。

これから手術を考えているという方も、おでこ整形にはどのようなデメリットがあるのかを知っておきましょう。

おでこ・額のセメントのデメリット

手術を受ける際には事前にしっかりとカウンセリングを

手術方法はクリニックによっても様々ですが、一般的に多く用いられるのがおでこ・額のセメントを挿入する方法です。

手術方法は後頭部を切開して皮膚を前方に剥がし、骨セメントを入れておでこに丸み・厚みを出します。入れたセメントが固まってから皮膚を元に戻し、縫合を行います。

おでこ・額のセメントによるメリットとして、ヒアルロン酸注入などのプチ整形と比べて変化が大きく効果が長期的であることがあげられますが、手術にはもちろんデメリットもあります。

まずは、ヒアルロン酸注入などのプチ整形と比べて料金や身体にかかる負担が大きいことです。

メスを使う大きな手術になるので術後の痛みや腫れなどの症状を伴います。

また、毛髪で隠れる箇所ではありますが切開部分の傷跡は残ります。

そして、一度骨セメントを入れると元に戻すなどの修正は困難になります。手術を受ける際には事前にしっかりとカウンセリングを行い、慎重に検討するようにしましょう。

【おでこ・額のセメントのデメリット】冠状切開の傷跡が残ることについて

「冠状切開の傷跡・ハゲ」が残るデメリットについて。

冠状切開の傷跡・ハゲも考えられます。手術によって後頭部の皮膚を切開し頭蓋骨を出した状態で手術を行ないますが、縫合せ時の医師の技術不足の場合、傷跡が残ったり、ハゲが残る可能性が考えられます。

傷跡が残ってしまうと修正が難しいもので、髪の毛が生えないリスクやハゲになるリスクがあります。

おでこ・額のセメントの手術をする場合は、医師の高い技術力が必要になります。事前に技術力のある医師を選ぶことが大切なことです。

手術しても「効果が無い」デメリットについて

おでこが平坦なことが悩みになっていたり、事故などで額がへこんでしまった場合に適した方法のおでこ・額のセメントですが、効果が無いこともあります。

おでこ・額のセメントの挿入手術をしても効果が無いと感じられる場合には事前のカウンセリング不足や医師の技術不足が考えられます。

額の部分を切開して頭蓋骨に骨セメントを塗る方法ですが、医師の技術によって仕上がりが大きく異なります。手術前に医師の技術力の確認をする必要があります。

「頭痛」が残るデメリットについて

おでこ・額のセメントの挿入手術によって頭痛が残ってしまうことも考えられます。この手術で頭痛が残る原因のひとつに手術による出血で貧血が考えられます。

輸血を必要とする場合もあり、正しい判断や高い技術力のある医師に手術をお願いすることが必要です。

他の原因には傷跡が綺麗ではない場合は炎症を発症して痛みを伴うこともあります。痛みを感じる場合には医師の診察が必要になるため、早めに相談することが必要です。

当相談所におすすめの美容外科を紹介してもらう

おでこ・額のセメントの挿入手術では、へこんだおでこに膨らみに戻り若々しい印象になったり、事故などでへこんでしまった額を改善することが期待できますが、技術力の必要な手術でもあるため、知識や技術力のある医師にお願いする必要があります。

高い技術があり知識が豊富な医師は、おすすめの美容外科を紹介しているこちらの相談所に相談することが良い選択です。相談所に紹介されたおすすめの美容外科であれば技術力のある医師に手術をお願いすることができ安心です。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*