輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ・額のプロテーゼの修正方法って?

正面から見ると、それほど気づかれないけれど、横を向いたときのおでこ・額のラインが気に入らないという方は、美容外科でシリコンプロテーゼを入れて、輪郭を改善することをおすすめします。
へこんだり、平らになっている箇所にシリコンプロテーゼを入れると、おでこ・額を前に出したり、ふっくらとして柔らかな印象のおでこ・額になれるので、まずはカウンセリングを受けて、詳しい話を聞くようにしましょう。
ただしどの美容外科に行っても、満足の出来る施術を行ってくれるとは限らないので、出来るだけ経験豊富な名医のいるところを選ばなくてはなりません。
そうしないと、仕上がりがでこぼこになったりしたときに、恥ずかしくて外に出られなくなってしまうので、そんな嫌な思いをしたくないなら、実績のある美容外科に行くことが大切です。
もしすでに施術を受けて、仕上がりが気に入らなくて悩んでいる方は、修正が可能なので、利用した美容外科が信頼できない場合は他院に任せるようにしましょう。

おでこ・額のプロテーゼの修正

分からない事は医師に確認

技術の高い美容外科で、おでこ・額のプロテーゼを挿入してもらうと、へこんだり、平らになっていた箇所がふっくらして、綺麗に整うので、ハリがよみがえったようになり、若々しく見られるようになります。
しかし技術の低いところで施術を受けた場合は、プロテーゼが曲がって均一ではなかったり、大きすぎたりするので、鏡を見るたびに形が悪いので整えたいと思ってしまうでしょうね。
また最初はきちんとした輪郭になっていたとしても、年月が経つごとに変形することもあるので、そんなときはプロテーゼの入れ替えを行うなどの修正が必要になります。
おでこ・額のプロテーゼの修正方法は、美容外科によって違いますが、適切にプロテーゼを除去したあと、それが入っていた部分を丁寧に洗浄してから、新しいプロテーゼを入れたり、ヒアルロン酸注入などにより大きさを整えることもあります。
修正料金がどれぐらいかかるかも、美容外科やそれぞれの人の状態によって違うので、詳しいことは医師に尋ねるようにしてください。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*