輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

安心して任せられる、おでこ・額のプロテーゼの名医とは

おでこのあたりが平らだったり、陥没していたりすると、ハリがない肌になるので、実年齢より、老けて見られることがほとんどです。
頬にある程度の高さがなく、へこんでいる状態だと、顔にメリハリがなくなってしまうので、もう少し膨らんでいたらいいのにと思っている方があれば、美容外科でおでこ・額のプロテーゼを行うことをおすすめします。
プロテーゼを入れると、へこんでいた部分にふっくらとした、丸みを与えられるので、ハリを感じさせる若々しい顔立ちに見えるようになります。
顔にメリハリも出ますから、豊かな表情を作り出せるようにもなります。
ただし失敗すると、プロテーゼが均一でなく、ぼこぼこしたような肌になったり、炎症を起こしたりしますから、美容外科でおでこ・額のプロテーゼを行い際は、出来るだけ腕の良い名医に任せることが大切です。
名医でなければ、上手なおでこ・額のプロテーゼが出来ないので、美容外科選びには時間をかけるようにしてください。

hitaipurote-zenomeii

施術の流れ

おでこ・額のプロテーゼ挿入の流れについては、額の髪の生え際や、頭髪内を3~4cmほど切開し、その部分の皮膚を頭の骨から剥がします。
それから額のへこんだ部分や、ふっくらさせたい部分にプロテーゼを挿入して、丸みを与えて、若々しい印象を与えられるようにします。
プロテーゼを挿入し終わったら、それが外れないよう、金属製のスクリューや糸で骨に固定します。
美容外科では、手術前に、綿密なカウンセリングや検査を行ってから、実際におでこ・額のプロテーゼを挿入するので、名医に任せることが出来れば、失敗するようなことはありません。
おでこ・額がふっくらとして、メリハリのある立体的な顔立ちになるので、少しでも仕上がりを良くしたいなら、高い技術を持った名医のいる美容外科に行く必要があります。
近隣にそんな美容外科がどこにあるのかわからないという場合は、インターネットで口コミを調べるようにしてください。
口コミの評判の良い美容外科なら、安心して任せることが出来ます。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*