輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

疑問を解消!おでこ・額のプロテーゼのアフターケアとは

平坦なおでこ・額をコンプレックスに感じている方は多く、魅力的なフェイスラインを手に入れる為にも様々な美容毛をしてきたという方は少なくありません。特にフェイスラインのお手入れはセルフケアではどうにもならないので、美容外科クリニックで受ける内側からおでこ・額を丸くするために盛り上げる特殊な施術を受ける必要があり、技術を持っている信頼の出来るドクターの元で治療を受けることが最低限必要になります。
特に今まで美容クリニックを利用したことのない方にとって、適切な治療は勿論正しいアフターケアの指導もしっかり行ってもらう事が、肌にかかるダウンタイムを軽減させて肌への負担を少しでも抑える効果を得ることが出来るようになりますので、初めて利用する方はまずは自宅から通える範囲の美容外科クリニックはどこにあるのかチェックしてから、情報サイトを通じてクリニックの口コミなども調べておくことが、安全に治療を行う上で必要となります。

おでこ・額のプロテーゼのアフターケア

過度な運動を避ける事でダウンタイムの症状を軽減

おでこ・額の治療方法は、ヒアルロン酸注入を行うかシリコンプロテーゼを肌内分に挿入する事で希望するおでこ・額の形に仕上げることが出来る施術方法に分けられます。初めて受ける場合には比較的ダウンタイムが起こりにくく、短時間で施術が完了するヒアルロン酸注入が人気がありますが、かなりの量を入れないと綺麗な状態を維持することはできず、多くの場合は2~3年かけて徐々に体内にヒアルロン酸が吸収されていくといわれています。
そのため自分の希望通りの状態を維持するためには、定期的に同じような施術を受け続ける必要がありますが、おでこ・額のプロテーゼ施術であれば、一度おでこ・額のプロテーゼを入れてしまう事で、半永久的に綺麗な状態を維持することが出来るようになると言われています。
ただおでこを切開する必要があるため、施術にかかる肌の負担は大きく注射を利用する治療に比べて肌の腫れや内出血の状態がひどくなりますので、正しいアフターケアとして患部は清潔にする事と、過度な運動を避ける事でダウンタイムの症状を軽減させることが出来るようになります。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*