輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

バレずにできる?おでこ整形・額形成のダウンタイム

額の形は、男性と女性を区別する特徴の一つで、男性のゴツゴツと角張ったおでこに比べ、女性は丸みを帯びているのが特徴です。
ただ日本人は、西洋人と比べるとあまり丸みがなく、そのため平面的な顔の印象を与えてしまいます。
日本人は平均的に顔の凹凸が少ないため、額がきれいな丸みを帯びていると、かわいらしい印象を持たれます。また目や鼻の整形を行う際にも、おでこ整形・額形成を行うことで、顔のバランスを整えることができるため、最近ではおでこ整形・額形成を行う人も増えています。
手軽におでこを丸くしたり、高くしたい場合には、シリコンプロテーゼが効果的です。髪の中を3センチほど切開するだけでプロテーゼを挿入することができるので、傷跡も小さく施術時間も短いのが特徴です。
また手術には抵抗があるという人には、ヒアルロン酸注射をすることでおでこを手軽に前に出すことも可能です。
いまではさまざまな施術方法があり、希望にあった高さや形状にすることも可能となっていますが、それぞれにメリットやデメリットもあり、施術内容やダウンタイムなどを知った上で行うことが大切です。

おでこ整形・額形成のダウンタイム

おでこ整形・額形成手術の種類

おでこ整形・額形成手術には、いくつかの種類があります。
もっとも手軽に行えるのが、ヒアルロン酸を注射して丸みを持たせる方法ですが、時間の経過とともにヒアルロン酸が体内に吸収されて元に戻ってしまいますから、永久的な形成にはなりません。
シリコンプロテーゼを挿入する方法は、傷口も小さく短時間の施術で美しい額を手に入れることができます。ただ骨格にきちんとフィットしていないと、シリコンがズレたり浮いて見えることもあるので、医師の経験と技術が必要となってきます。
前額骨セメントによるおでこ整形・額形成は、他の施術方法と比べて、微妙な高さの調整が可能で、プロテーゼのように浮いてくることもなくなじみやすいというメリットがあり、現在主流となっています。
ダウンタイムは1週間から2週間程で腫れは治まってきます。また施術は全身麻酔をして行うので、手術中の痛みはありません。ヒアルロン酸を注射する場合は、腫れが1から2日続き、内出血が起こる場合があります。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*