輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ整形・額形成アフターケアの重要性とは

おでこ整形・額形成は美容整形ではあまり人気のある施術ではありませんが、額を丸く立体的にすることで、顔全体の印象を変え、立体感を作り出すことも可能です。

現在主流となっている額整形の方法は、骨セメントによる施術で、頭皮を後頭部から剥離し、前頭部を露出して骨セメントで形成していきます。骨セメントは、もともと歯科の入れ歯の材料であるレジンを改良して使用されるようになった材料で、人工関節の手術などにも用いられているものです。

この施術には技術が必要となるので、事前に頭蓋骨模型を作成して自然な形になるようにクラニオセメントインプラントを作成しておきます。手術の際、必要があればインプラントにセメントを継ぎ足したり、削ったりして微調整を行い形を整えます。

この骨セメントによるおでこ整形・額形成は、ヒアルロン酸注入やハイドロキシアパタイト注入と比べると、体への負担 大きく、難しい技術の必要な手術となります。一度セメントを挿入するとアフターケアが難しいため、慎重に検討することが大切です。

おでこ整形・額形成のアフターケア

ゴアテックスでおでこ・額の丸みを作る利点

女性らしい柔らかい雰囲気を作る要素として、おでこ・額の丸みがあります。

この丸みを作るために行われる手術が、おでこ・額のゴアテックスプロテーゼ挿入手術です。
ゴアテックスプロテーゼは、素材自体が柔らかく表面がざらざらしているので、挿入には非常に高い技術力が必要となります。そのため、おでこ・額のゴアテックスプロテーゼ挿入手術を受けられるクリニックは限られています。

また安い値段でゴアテックスプロテーゼ挿入手術を行っている場合には、未熟な医師による手術の可能性が高いので注意しましょう。

メリットだけでなくデメリットもきちんと説明してもらう

骨セメントによるおでこ整形・額形成は、額に骨セメントを挿入して、前に出したり丸みを出す美容整形手術です。額が平たかったり、凹凸がある人に適した方法で、立体感のある額を作り出すことができます。

おでこ整形・額形成の手術には、シリコンプロテーゼを挿入する方法もありますが、傷跡が小さく短時間で施術が可能というメリットがある反面、時間の経過とともにシリコンプロテーゼが浮き出して不自然に見えるなどのデメリットもあります。

また骨格にきちんと形があっていないと、ズレる可能性もあり、その場合には修正する必要が出てきてアフターケアが必要になります。

一方、現在主流となっている骨セメントは、高さなどの微調整も可能で、滑らかに丸みを帯びた曲線状の額を形成することができます。

ただ、技術の必要な施術となり、一度固まったセメントの修正は難しいため、医師選びが大変重要なポイントとなります。施術を行う前には、充分にカウンセリングを受け、メリットだけでなくデメリットもきちんと説明してもらいましょう。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*