輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ・額のアパタイト失敗するとどうなる?

東洋人の象徴でもある平らなおでこは、個人差はあるものの人によっては「ノッペリした平凡な顔」にコンプレックスを持っている方も多く、そこでおでこ・額に人工の骨であるアパタイトを入れて理想のおでこを手に入れるハイドロキシアパタイトという手術方法があります。この手術は、永久的に仕上がった理想のおでこ・額を維持することが可能です。前頭骨を露出するなど手軽な手術方法ではありませんがだからといって術後の傷口や負担を避ける為に前頭骨を露出せずに小さな部分からの注入手術を行った場合、形成にムラができるといった失敗も考えられます。また手術後の経過とともに形が崩れ、おでこにしこりやこぶができるといった失敗例も報告されているので手術するクリニックは慎重に選定しなくてはいけません。おでこ・額に多くの成功手術のある実勢をもつ医師がいるかどうか、また万が一の失敗時に修正手術を行うといったフォローアップが万全なのかどうかもきちんと事前に把握しクリニック選定には慎重に時間を掛ける事も重要です。

おでこ・額のアパタイトの失敗

信頼できるクリニックを選ぶことが重要

おでこが平らでいわゆる「ノッペリ顔」に悩む人や、外人モデルのような堀の深い美顔になりたいという方に適しているのが、おでこ・額のアパタイトを入れて形成する「ハイドロキシアパタイト」という整形手術方法があります。ハイドロキシアパタイトは頭部の半周近くの皮膚を目の上まで切開し、頭蓋骨の額部分の前頭骨に人工のペースト状の骨やセメントを入れ硬化するのを待ってから頭皮を元に戻し、傷口を縫い合わせるといった手術方法で理想のおでこに仕上げてくれるのです。おでこ・額のアパタイトを入れる手術はヒアルロン酸注入に比べ永久的に手術後のおでこを維持することが可能な点が魅力ではありますが、実績のある医師による手術ではないと失敗するといった可能性もあります。例えば、切開した部分の傷が目立つのを敬遠して、前頭骨を露出しないで小さな切開部分から注射器で人工骨を注入する手術を行った場合、形成にムラができ手術後のおでこに「たんこぶ」のようなしこりや塊が出来てしまうといった失敗もあります。このようなことが無いように実績のある医師がいるか、フォローアップは万全かなどしっかりチェックをし信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*