輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

おでこ・額のアパタイトのアフターケア、その重要性知ってる?

おでこ・額に丸みを出す整形施術のひとつにアパタイトと言うと人工セメントを使用する方法があります。施術方法として一般的なのは頭髪部分からおでこ・額の部分にかけて皮膚を一度剥いで、丸みを出したい部分にセメントをのせていき、セメントが乾いたら皮膚を元に戻すという方法です。この方法ならセメントが骨と同化するため、周りに吸収されることなく自然な丸みを半永久的に帯びることが出来ます。しかし、内容から分かる通り、高度な技術を必要とする施術です。そのため施術費用は高額になります。一方、アパタイトを使用する施術はもう一つあります。前述の大きな施術ではなく、小さな切開部からアパタイトを注入する方法です。この方法なら傷口も小さく済みますが、術後、凹凸が出たり変形する可能性があります。アパタイト施術をするなら前述の額にのせる方法がおすすめです。しかし、大きな施術のため、ダウンタイムは2週間程かかります。そして、その間のアフターケアも重要になります。

おでこ・額のアパタイトのアフターケア

アフターケアにも注意

まず、おでこ・額のアパタイト施術のダウンタイム中は大きな腫れや痛みが出ます。そのため施術を受けたクリニックから鎮痛剤が処方されるのできちんと服用してください。そして同時にアフターケアにも気をつける必要があります。どのようなケアが必要かと言うと、血流が良くなることを避ける必要があります。施術内容から分かるように、おでこ・額のアパタイト施術は頭皮を大きく切開しています。そのため切開部が治り、ダウンタイム中の症状が落ち着くまで安静にしなければいけません。運動やサウナ、マッサージなどをして血流が良くなると、内出血をしたり、腫れが大きくなる可能性があります。そうなると術後経過が良くなく、形が崩れたり、施術による後遺症が残る場合もあります。そのようにならないためには術後のアフターケアが重要なのです。おでこ・額のアパタイトはこのように施術はもちろん、アフターケアにも注意をしなければいけません。受ける際は信頼できるクリニックを選んで、ケアについてもきちんと説明を受けて下さい。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*