輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

知っておかなくていいの?おでこ・額のヒアルロン酸のデメリット3つまとめ

おでこ・額のヒアルロン酸の注射といった美容整形が行なわれますが、さまざまなデメリットもあります。

もちろん見た目が良くなるメリットもありますが、どうしてもデメリットもありますので悪い面を知って施術を受けるのが良いでしょう。

具体的にどんなデメリットがあるかと言いますと、ヒアルロン酸は体内に入れると次第に吸収されてしまいますので、時間が経てば元に戻ってしまうのです。

約半年から1年でおでこ・額へのヒアルロン酸注射する前の状態に戻ると言われていますから、ずっと同じ状態をキープするためには定期的に美容外科に通って施術をしてもらう必要があります。

そうなってしまうと料金も掛かりますし、じぶんの今の状態も把握してスケジュール管理を行なう必要がありますから、とても面倒だと言えるでしょう。

これはおでこ・額へのヒアルロン酸注射だけではなく、他の部位にも言えることになりまして、状態維持のために常に気を遣う必要があるでしょう。

おでこ・額のヒアルロン酸のデメリット

デメリットについて

もちろんその他にもおでこ・額のヒアルロン酸注射にはデメリットが存在します。

多くの方が良い状態にするためにおでこ・額のヒアルロン酸注射を行ないますが、自分が思い描いている状態と違ったものになったり、逆に凸凹になってしまったりするケースがあります。

これはヒアルロン酸注射の施術が失敗してしまった場合に起こりうることになりますが、せっかく良い見た目にしようと思ったのにそれが失敗してしまうとガッカリしてしまうでしょう。

ですから、おでこ・額のヒアルロン酸注射を考えている時は技術の高い美容外科に施術をしてもらうのが一番と言えます。

安易に料金が安い、近くだからといった理由で施術してしまうと後悔してしまうかもしれません。

一応ヒアルロン酸注入に失敗した場合でも除去や分解する注射もありますので、大きく心配する必要もないですが、二度手間になる可能性がありますし、完成が不安になりますので、失敗してしまうデメリットも覚えておきましょう。

こんなデメリットも。おでこ・額のヒアルロン酸注入をしたのにしこりになる要因

しこり・石灰化が生じる可能性があります。

おでこ・額の形を自分の好きなようにするための美容整形として、おでこ・額に膨らみを持たせるヒアルロン酸注入を受けたいと希望する人は、その方法にはデメリットもあり得ると言うことを知っておいた方が良いでしょう。

その例として挙げられるのはしこり・石灰化が生じる可能性です。注入するヒアルロン酸の量が多すぎる、注入する場所が良くない、何度も注入を繰り返すといったことがその要因となります。

でこぼこになってしまう可能性がある

おでこ・額のヒアルロン酸注入で生じる可能性のあるデメリットとしては、でこぼこになってしまうというものも代表的です。

この問題も、ヒアルロン酸の注入量や注入場所を間違えることで起こるものです。注入量が多すぎて、その部分だけが盛り上がってしまったり、注入する場所が悪いと上手く広がらずに、その部分だけにとどまってしまうことが要因となるので、担当する意志の技術や知識が足りないと恐ろしいことになりかねません。

持続期間が短い・吸収されてしまう

おでこ・額のヒアルロン酸注入のやり方自体は間違っていなくても、ヒアルロン酸注入という方法自体には、人によって持続期間が短い・吸収されてしまうというデメリットがあるということも、知っておいた方が良いでしょう。

持続時間は人それぞれによって異なりますが、元々ヒアルロン酸注入は長くても二年ほどしか効果が続かないものなのです。そういった点についてきちんと説明してくれる医師は、信頼できると言えるでしょう。

腕の良い信頼できる医師を見つけるのがおすすめ

しこり・石灰化が生じたり、でこぼこができたりしては大変ですから、おでこ・額のヒアルロン酸注入を受ける場合には、腕の良い医師を見つけることが肝心です。

また持続期間が短い・吸収されてしまう可能性があるので、持続期間についてきちんと説明してくれる、信頼できる医師であることも重要だと言えます。

そういう医師を見つける手段が分からないと言う人は、名医の紹介をしている当相談所へお気軽にご連絡ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*