輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

眼窩骨移動術の失敗で考えられるのは

眼窩骨移動術とは、目と目の間隔を広げることを目的にした手術です。骨切り手術を伴います。日本人の平均的な目と目の間の距離は、女性で33ミリから34ミリといわれています。個人差もありますが、それよりも近ければバランスが悪く、それをコンプレックスに思う人も少なくありません。もし二重形成をしようと考えているならば、それがウイークポイントとなる可能性もあります。眼窩骨移動術によって、そういった悩みは解消されます。しかし外科的な要素を大いに含む手術になりますので、医師の力量や経験値が大きく問われる施術になります。美的センスも必要となるでしょう。他の美容系の手術と比べて症例数も少なくなりますので、名医といわれる医師も限られてきます。カウンセリング時の印象や症例数などで医師選びを慎重に判断することで、失敗を大きく回避することができます。特にリスクについて懇切丁寧に説明を行ってくれる医師や病院が、失敗が極力少ない傾向にあります。口コミなどの評判もチェックしましょう。

眼窩骨移動術の失敗

あらゆる面から慎重に検討しましょう

眼窩骨移動術の失敗は、神経麻痺やしびれ、左右差、たるみといったものから、効果が感じられないといったものまで様々です。効果がない時には修正もできますし、皮膚が余ってたるんでしまったという時には、対策もあります。そういったことが起きないように手術するのが名医ではありますが、人の体は個人差が大きなものです。絶対にないとは限りません。修正がきかない致命的なものというものはありませんので、もしもの時についてもしっかりと事前に説明し、どういった対応を行うのか患者が納得できるまで話してくれる医師であれば、ある程度は安心です。しかし神経麻痺やしびれの場合、半年から1年ほどで改善することもあれば、一生改善が期待できないこともあります。眼窩骨移動術は頭蓋骨や脳に近いところにメスを入れますので、ある程度のリスクを常に伴います。名医を選ばねばならない理由も、そこにあります。病院選びは料金だけを重視するのではなく、あらゆる面から慎重に検討しましょう。それが失敗を未然に防ぐ方法です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*