輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

眼窩骨移動術のダウンタイムについて知っておこう!

眼窩骨移動術のダウンタイムは個人差がありますが、約1カ月といわれています。眼窩骨移動術は目と目の間を広げる手術です。日本人女性の目と目の間の距離は平均33ミリから34ミリ程度といわれています。それよりも近すぎればバランスが悪くなり、そこにコンプレックスを持っている人も少なくありません。二重瞼の手術にも目の間が近すぎることはネックになりますので、二重手術を予定している人からも選ばれている手術です。目のバランスが変わるだけで印象もガラッと変化します。小さな部位ではありますが、手術は大がかりなもの。眼窩外側骨の一部を切除して、採取した骨を形成します。それを 眼窩内側骨膜下へ挿入し、外側に眼球を移動させます。医師の技術力や経験値が関わってきますし、美的センスも大きく問われます。失敗のリスクもありますので、名医といわれる医師や病院で施術を受けることが成功の大前提になります。またダウンタイム中の過ごし方も大切です。

眼窩骨移動術のダウンタイム

眼窩骨移動術の伴うリスク

名医といわれる医師がいる病院で手術を受けることが失敗を回避し、満足度の高い手術に結びつきます。眼窩骨移動術の伴うリスクには、左右差が出たり満足度が低かったりといった修復可能なものもありますが、麻痺やしびれ、視力低下なども考えられます。おおよそ1年程度で回復するといわれていますが、全く回復しなかった例もあります。名医を選ぶことが、それらのリスクを限りなく小さくすることになります。しかし手術が成功をしてもダウンタイム中の過ごし方が間違っていると、トラブルを引き起こしてしまうことがあります。痛みや腫れは術後3日でピークを迎え、徐々におさまってゆきます。3週間程度でおおよそ落ち着きます。内出血はそれよりも少々長く、4週間程度。飲酒、喫煙、激しい運動が、感染症を引き起こしたり、傷の回復を左右します。ダウンタイム期間中は控えましょう。とはいえ眼窩骨移動術による違和感はその後6カ月は続くといわれています。激しく打ったりぶつけるなどすれば、変形も考えられます。慎重に行動することが必要です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*