輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

外板切除の修正をする時に気をつけたいこと

外板切除は、エラ骨から咬筋にかけて頬のところに存在する外板と呼ばれる骨を切除するものです。この部分は外側から見た場合には突出している部分であり、外板切除を行うことで、突出を減らすことができ、また切除ということからだいたんに輪郭を整えることが可能で、高い小顔効果を得られます。いわゆるエラ削りと呼ばれる、美容外科治療の一種になります。
外板切除は、頬のラインを整えるのに有効な美容外科手術ですが、美容外科では医師の技量やセンスによって大きく結果が左右されるものであり、この手術も同様のものといえます。例えば効果が得られない場合もあります、輪郭が崩れてしまうリスクもありますし、切除する範囲も大きすぎる場合にはやつれた感じになります。特に切除するという手術であるため切除し過ぎた場合には修正するのが難しいため失敗したさいのリスクの高い治療法といえ、このため事前の検査や説明、また実績のある美容クリニックを選ぶ必要があります。

外板切除の修正

衛生環境の良いクリニックを選ぶのがポイント

外板切除のリスクとしては仕上がりのリスクと手術そのものによるリスクがあります。仕上がりのリスクに関しては、医師の説明力不足や利用者の理解力不足などがあります。このため手術を受ける前にはしっかりとしたカウンセリングを行う必要があり、それらを省くような医師は利用しない方が無難です。また外板切除に限らず、利用者の最善を考えてくれる医師を選ぶことが仕上がりのリスクを軽減させるポイントになります。またあまり消極的な医師の場合には効果が出ないケースもあり、あらかじめ修正に応じてくれるクリニックを選ぶのが無難です。
一方で外板切除を手術として行うリスクとしては、神経を傷つけることによる麻痺です。エラ削りを行う部分は顔面神経や知覚神経が走っており、これらを傷つけてしまうと障害が出るリスクがあります。神経は一度傷つくと修復させるのは困難で、後遺症が残ることになります。また外科手術であるため感染症のリスクもあり衛生環境の良いクリニックを選ぶのがポイントです。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*