輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

エラ削りの効果・メリット!芸能人3人の様な輪郭・横顔になるための整形まとめ

芸能人の様に印象が変わる!エラ削りのメリットと効果

顔のエラが張っていると、顔が実際よりも大きく見えてしまいます。

ただ大きく見えるだけではなく野球のホームベースのように四角い顔に見えてしまいます。

また、エラが張っていると顔の印象が他の人から見るときつい印象に見られてしまいがちです。

こんなマイナスの印象を変えるのに、美容整形で行われている手術がエラ削りです。

エラの張っている部分の骨をエラ削りする事で、それまでのホームベース型の顔からエラのない卵型の顔に変わる事が出来ます。
効果は、顔の形だけではなく、エラ削りを行う事でそれまできつい印象を持たれていた印象が優しい印象に見られるようになります。
骨を削るというと、入院するイメージがありますが、入院などの必要もなく日帰りで出来る手術です。

手術も、口の中から行いますので、見える部分に傷跡が残る事がありませんから、安心して手術を受ける事が出来ます。
なによりそれまでコンプレックスに感じていたエラが無くなるのでメリットは大きいです。

しかし、この手術には医師の技術力が必要となるので、正しいクリニック選択が必要不可欠です。
平均的な費用よりも格安で行っているクリニックや、カウンセリングを丁寧に行わない医師は、未熟な場合が多いので十分注意しましょう。

事前に、クリニックのホームページなどで医師の実績や経歴をチェックしておくと、安心して手術を任せることが出来ます。
また骨を削るので、傷口が落ち着くまでのダウンタイムも長期間必要になります。

エラ削りのメリット

手術の流れ

エラ削りの手術を行う手順ですが、実際に切るのは口の中からだけではありますが全身麻酔をかけることが多いです。
口の中を数センチ切って骨が見えてから医療用のノミで骨を削っていきます。

ある程度まで削れたらノミで削った骨片を取り除き、細かい部分を削り終了です。

直接骨を削るため、フェイスラインが劇的に変わり小顔になるのがエラ削りのメリットです。
また効果が半永久的に持続するのも大きなメリットです。

手術時間も2時間ほどで入院も必要ないので日帰りでの施術が可能ですが、エラ削りは必ずといっていいほど患部が腫れます。
翌日がピークですが1週間ほど腫れている状態が続き、2週間ほどで落ち着きます。

またわずか数センチの隙間から骨を削る手術のため、仕上がりは医師の腕によって自然な仕上がりか不自然な仕上がりかに分かれてしまうので事前にしっかり調べてから手術を受けるクリニックを選ぶことも大切です。

費用の目安としては60万円から130万円ほどのところが多いようです。

エラ削りの効果

明日花キララの輪郭になるにはどんな整形が良い?

明日花キララはセクシー女優でありながら、男性だけでなく女性ファンも多い人です。
彼女のように横になっていてもきれいな輪郭を保つことが出来る方法が知りたい人も多いでしょう。

明日花キララは、セクシー女優として活躍しているだけでなく、雑誌やテレビにも登場することがあるので、男性ファンだけでなく、女性からも憧れられている存在です。

彼女のように、横になった時にもすっきりとしているきれいな輪郭に憧れている女性はたくさんいるでしょう。
彼女のような輪郭になるためには、小顔形成の美容整形手術が必要です。

小顔形成の美容整形手術は、一人一人の顔の骨格などに合わせて、手術の内容が異なるものです。
そのため、医師の正しい判断と、きちんとした技術力が必要となってきます。
まず、顔の横幅がある人は、エラ削りが有効です。

エラの骨を削ると、角ばっていたフェイスラインをシャープにすることができます。
他にも、頬の部分が出っ張っている人は、頬骨削りが必要です。

頬骨が出ていると、鼻が低く見えてしまったり、男性のような雰囲気になってしまいます。
さらに顎の長さが出ていたり、顎が横に広い人には、顎削りが有効です。

明日花キララの顎はシャープなデザインになっているので、それに合わせて左右のバランスを整えていくことが大切です。
このように、その人のもともとの骨格に合わせて、不要な部分の骨を調節していくことで、理想的なフェイスラインを作り上げることができます。

島崎遥香(akb48)と同様の輪郭になるための整形って?

AKB48の中でも人気がある島崎遥香(akb48)と同様の輪郭になるための整形はエラ削り、頬骨削り、顎削りなどです。骨を削り小さくすることで小顔にすることが出来ます。

AKB48のメンバーでもあり、ファンに対する対応があっさりしていることから塩対応アイドルとして人気がある島崎遥香(akb48)ですが、彼女と同様の輪郭になるための整形はエラ削り、頬骨削り、顎削りです。

まずはエラ削りについてですが、輪郭を作るために重要となるエラですが、このエラは下顎骨の下顎角という部分によって形作られています。

この下顎角が大きかったり、外側に広がっていたりすると、エラが張っているとされ顔が大きく見えます。

また横に広がっていなくても下顎角が大きい場合、 斜めや横から見た時のフェイスラインが大きく見えます。

そこでエラを削りとることでフェイスラインを整え、スッキリとした女性 らしい輪郭にすることが出来ます。

次に頬骨削りですが、頬骨が突き出ている場合、男性的でごつい印象を与えてしまいます。そのため、突き出た頬骨を削ることで丸みのある女性らしいラインを作り出すことが出来ます。

特に横顔のラインがとてもきれいになりますので横顔美人になれます。

そして最後に顎骨削りですが、顎は顔全体の印象を決定するキーポイントでもあります。

長過ぎる顎や、突き出た顎は、顔を大きく見せるだけではなく、それだけで美人の定義から外れてしまいます。

そのため、口の内側の歯ぐきの下の部分を切開し余分な顎の骨を削り取ることで、綺麗な顎にします。

顎を削ることで小顔になれるだけではなく綺麗なVラインを作ることですっきりとした美人の顔になれます。

このエラ削り、頬骨削り、顎骨削りを行うことで男性のようなごつい印象をなくすことができ、女性らしい柔らかく丸みを帯びたフェイスラインにすることが出来ます。また、骨を削りますのでフェイスラインを整えることができるため小顔にすることも出来ます。

キャバクラ嬢・愛沢えみりと同じような横顔になれる審美歯科治療

キャバクラ嬢は、見た目の美しさが非常に大切になってきます。
その中でも、近距離で会話をする機会が多いこともあり、歯のケアを重視している人も多いです。
ホワイトニングを行ったり、歯並びの矯正を行って、美しさを保っている人もいます。

このようなきれいな歯に近づくためには、ホワイトニングなどの定期的なケアが必要です。
しかし長年放置してしまっていた状態であったり、ホワイトニングでは満足がいかないという場合には、セラミックなどのインプラントを使用することも可能です。

セラミック素材はとても丈夫なだけでなく、時間が経っても変色しにくいので、長期的に白い状態を保つことができます。
また、ラミネートベニアというチップのようなものを利用することで、つけ爪のような効果をもたらすことが出来るので、白くてつやのあるきれいな状態に変化させることが出来ます。

ラミネートベニアの場合、削る量も少なくて済み、ホワイトニングよりも白くすることが出来るというメリットがあります。
また形の矯正や隙間を埋めることも出来るので、見た目が非常に良くなります。
しかし、つけ爪と異なるのが、気軽に取り外しができないという点です。
一度装着してしまうと、なかなかとることが出来ません。

また通常の状態の上にセラミックの板を取り付けるような形なので、かみ合わせが悪くなってしまったり、癖によってはラミネートベニアがかけてしまったり、傷がついてしまうというトラブルもあります。
また保険適用外の治療となるので、高額治療となります。

自分の今の状態を医師に相談して、どのような手術や処置をすることが最適なのかを考えて行うことが大切です。
麻酔の利用の有無や、オペの方法なども相談することが出来る場合が多いです。

アフターケアがしっかりとしたクリニックを選ぼう

エラが張っていると正面から見ても、横から見ても四角い顔に見えていたのが、エラ削りの手術を受ける事で、正面だけではなく
横顔も卵型に見えるようになります。

エラ削りは、エラが張っている人にとっては効果の高い方法です。
また骨を削るのでその効果は、半永久的に続きます。

しかし、骨を削るというのは医師の高い技術力が必要となり、技術力の無い医師に手術をしてもらうと、せっかくエラ削りをしてもあまり成果がない場合があります。

そのため、技術力の高い医師に手術を行ってもらう事が大切です。

また技術力だけではなく、アフターケアも問題になります。
アフターケアがしっかりとしたクリニックを選べば、もし手術後に効果を感じる事が出来なかったら修正の手術を行ってもらう事が出来ます。

きちんとしたアフターケアを受ける事が出来る事で、安心して整形の手術も受ける事が出来ます。
複数のクリニックなどを実績や費用、実際に手術を受けた人の口コミなどを参考にして慎重に選ぶ必要があります。

記事のまとめと上手いクリニック・おすすめの名医のご紹介はこちらから

鼻筋をすっきりさせたい、二重になりたいと思う女性は多いと思いますが、今はいろんな美容器具が出たことで整形手術を受けなくても自分の理想の容姿に近づくことができるようになりました。

しかし骨格ばかりは美容器具を使用しても変えることはできないため、フェイスラインを変えるために整形手術を受ける人もいます。

フェイスラインを変えるための手術の中でも顎を削る手術に次いで多いのがエラ削りです。

エラ削りは下あご部分の骨を直接削るためフェイスラインは劇的に変化します。

骨を削るというと、傷跡などが気になりますが、実際は口の中を数センチ切って手術を行うので、人目に付く部分に傷ができないのもメリットの一つです。

ただ筋肉が肥大してエラが張った状態ということもあり得ます。

この場合は注射をすれば筋肉を委縮させることもできるので、手術を受けるのは怖いけどエラをどうにかしたいと思っている人は一度クリニックなどで受診してみるのもいいかもしれません。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*