輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

エラ張り解消の整形の失敗4例をまとめました

エラ削りの手術とは?

エラ削りの外科手術でエラ張りを改善することができ、優しい印象の顔つきに変わります。

口の中から骨を削るため、手術跡が顔に残ることはありません。

傷跡が残らないので、美容整形手術でエラ削りをしたことは、誰にも知られることはなく、自分だけの秘密にすることができます。

超音波療法などを組み合わせることによって、ダウンタイムを短くすることが可能です。

エラ張りの顔というのは生まれつきの骨格が原因であることも多いので、エラ張り解消したいという人は整形で修正することによって解消させようとする人も多いでしょう。

ですがこうしたエラ張りの修正には費用もかかるので、できるだけ費用を浮かせるために安い料金で施術を行う整形クリニックを選ぶような人もいるものです。

ですが安い料金で行うようなクリニックは腕が悪く、また安全ではない整形を行っているようなことも多いので、それで失敗してしまうようなこともあるものです。

エラ張り解消の整形の失敗とは?

120万円から200万円程度が料金として考えておくべき範囲

美容外科クリニックでエラ張り解消の整形をする時の料金の相場は、120万円から200万円程度です。

エラ削りの美容整形手術はとても大掛かりな手術になるため、他の美容整形よりも費用は高額になります。

安い費用で小顔にしたい場合は、プチ整形の小顔注射だと1万円から5万円程度で小顔にすることができます。

エラ張り解消の整形を受ける際には、失敗するリスクもありますので、慎重に決断することが大切です。手術の内容やリスクについては、カウンセリングの際に医師から説明されますので、医師の説明をよく聞いたうえで判断するようにします。を受けたからといって、絶対にエラ張り解消の整形を受ける必要はなく、断ることも患者さんの自由です。

エラ張り解消の整形を成功させるためには、評判の良い美容外科クリニックを選ぶことが一番のポイントです。

エラ削りの手術の経験が豊富な名医に執刀してもらうと、成功する可能性がとても高くなります。エラ削りの手術が成功すると、大きくてゴツゴツした顔が理想通りの小顔に変わります。

上手な医師・クリニックの特徴

エラ張りの整形はリスクも伴いますが、上手な医師の出会うことができれば、満足いくように解消できるようなこともほとんどです。

エラ張りはそのままでも健康に被害が出るわけではないのでそのまま放置して暮らしていくこともできるものですが、ずっと悩んで生きてきたような人であれば、解消できない限り幸せに暮らしていけないということもあるものです。

ですから失敗しない上手な医師に出会うようにするためにも、ちゃんと実績があって評判の良いクリニックを選ぶようにもしましょう。

上手な医師の特徴としては、ちゃんと広告などにも実名と経歴、顔写真などを挙げているということがあります。

堂々と自分の身分なり写真を載せているということはそれだけ自信があるということでもありますから、そういった堂々と公表できているかどうかでも判断してみましょう。

また、口コミだけでなく人の出入りが多いかどうかもチェックしてみましょう。

通う人が多いクリニックであればそれだけリピーターも多いということが考えられますし、良いという評判になっていて腕がいいということも考えられるでしょう。

腕が良く、評判が良いとされるクリニック選びの基準にもすることができるでしょう。

輪郭整形の名医-失敗と効果

エラ張り整形の失敗例をまとめます

エラ張り解消の整形手術の効果が無いなどの失敗例を見ていきましょう。

エラ張り解消の整形の失敗例、効果が無いってどういうこと?

エラはとても気になるものです。
エラがあるだけで顔が大きく見えてしまうからです。
エラを解消したいと考えている人は多いでしょう。
エラ張りを解消する手術を美容外科で受けることができるのですが、効果が無い場合もあります。
手術は、歯茎を切開してエラの骨と筋肉を削るのですが、下顎角しか削らないタイプのエラ削りに起こる場合があります。
横顔や正面の両面から小顔効果が得られる手術を選びましょう。

エラ張り解消の整形で輪郭が不自然

エラ張りを解消する手術を受けた後で、輪郭が不自然になる場合があります。
骨を削り過ぎてしまうと、筋肉が癒着してしまって顔の皮膚が引きつれてしまう場合があります。
削り過ぎてしまうことで、かえって顔が大きく見えることもありますので、削り過ぎないようにすることが大切です。
腫れがひどく、ダウンタイムに時間がかかってしまうこともあり、リスクの一つとして考えられますので、注意しておきましょう。

エラ張り解消の整形は持続期間が短い(ボトックス注射)

エラ張りを解消する手術でボトックス注射を使った場合は、持続期間が短い場合もあります。
ボトックス注射が効果的なのは、エラの筋肉が発達して顔が大きくなってしまっている場合だけです。
ボトックスには、筋肉の動きを和らげる効果があります。
持続期間が短い(ボトックス注射)ので、半年から1年の間に繰り返し行なっていく必要があります。
個人差がありますので医師と相談して、治療の間隔や回数を決めていきましょう。

エラ張り解消の整形、最悪の修正失敗例「扇風機おばさん」

手術の失敗例としては顔の輪郭のバランスが悪くなったり、またそれを修正しようとして整形して、顔の鼻や口部分まで不自然になってしまうことがあるものです。

エラ張りを修正するには骨を削る必要があることがほとんどなので、それにより顔がちょっとの衝撃で崩れてしまうなどのリスクも出てしまいます。

また、顔が突っ張ったり、皮膚に違和感を感じるようなこともあります。

最悪の修正失敗例として韓国の扇風機おばさんの例がありますが、この場合も料金の安い闇医師に整形を依頼した故の結果といえます。

最初はエラ張り修正だけだったのに、被害が大きくなってしまって手のつけられない状態にもなった失敗例とも言えるでしょう。

名医がいる美容外科のおすすめ

エラ張り解消の整形は、エラの悩みを解決してくれる方法です。
しかし、リスクも高いのでよく考えてクリニックを選ばなければなりません。

どこのクリニックを選んだらいいのかわからない場合は、おすすめの名医がいる美容外科を紹介していますので、お気軽にご連絡ください。

手術は医師の技術の良さと、使用している機器がきちんとした施術を行なうことができるものであるかが重要です。
きちんとした手術を受けましょう。

気になる!エラ張り解消の整形の評判が良い美容外科はどこ?

エラ張り解消の美容整形の評判が良い美容外科は、少ないですがと新エリアを中心としてあります。手術に成功した場合、エラ削りの美容整形で角ばった大きな顔をほっそりとした卵型の顔にすることができ、見栄えが良くなります。広範囲の骨を削り落とすことができるので、顔全体をほっそりさせることが可能です。

エラ削りの方法としてエラ縮小手術も行われており、顎の厚みを減少させることができます。エラ縮小手術は骨切り手術ではなく、骨切りをせずに顎のラインをシャープにすることが可能になります。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

エラ張りの悩みを抱える人というのは多いものですが、コスメやメイクでは隠すことができない欠点でもあるため、手術を考える人もいます。

ですが失敗した場合、元の状態に戻りたいと思っても戻せないものなので、そういったリスクを少しでも減らすようにするためにもおすすめのクリニックに行ってみると良いでしょう。

おすすめのクリニックは無料カウンセリングを行っていたり、アフターフォローなどを丁寧に行っていることも多いものです。

整形というのは手術は一時的ですが、その後のメンテナンスというのはずっと続くことがほとんどです。

何も整形をしていないような人であっても年齢によって人の顔のイメージというのは変化していくものですから、整形をしているのであれば尚更違和感ないようにするためにもメンテナンスは行っていく必要があるでしょう。

ほんのわずかな整形であれば変化も少ないですが、エラ張りの修正は目立つものでもあるので、後になって失敗部分が目立つようにしないためにも、アフターフォローなどもあって、長く面倒を見てもらえるようなクリニックを選んでいく必要がありますし、何かの診療との掛け持ちではなく整形についての専門医を選択するようにしても良いです。

まずは当相談所にご相談いただければと思います。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*