輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

エラボトックスの効果があるのはこういう人!

エラボトックスが効果があるのは、咬筋が発達している人です。
エラの部分には咬筋という筋肉がついていて、噛むことでここの筋肉が鍛えられます。いわゆる筋トレの原理で鍛えられるのですが、そうすると盛り上がってベースボール型の顔になってしまいます。
エラボトックス注射は、そういう人の顔の咬筋の発達を抑えることでフェイスラインをすっきりとさせて、綺麗な卵型の顔にすることができます。
従来まではフェイスラインは骨の形に依存していると考えられていて、骨を切らないと顔の形は変わらないとされてきました。
確かに骨の形が原因になっているタイプもいますが、そうではなく咬筋の発達が原因になっているタイプもいます。エラ削りなど大掛かりな骨切り術を行わなくても、エラボトックスを行うことでエラのハリを改善して、小顔に見せることができます。
「咬筋の発達が抑えられるというと噛んだり笑ったりするのに支障が出るのでは?」と不安に思うかもしれませんが、そういう時には複数の筋肉を使っているので、咬筋が抑制されて困るケースはほとんどありません。

エラボトックスの効果

カウンセリング時にしっかり確認して説明を受けることが大切

エラボトックスは筋肉によって盛り上がったエラの張り改善に役立ちます。
ただし、効果は3〜6ヶ月程度で切れてしまいます。これを2〜3回行うことで持続的な効果が得られるとされています。
エラボトックスで重要なのは、注入する位置と量です。こういうことはカウンセリング時にしっかり確認して、説明を受けることが大切です。
ボトックス注射はメスを使わずできる手軽な整形術ですが、シンプルなだけに医師の技術力で差が出ます。
筋肉や脂肪のつきかたを熟知していない未熟な医師が行ってしまうと、綺麗な形に整わない可能性があります。安全性を求めるのであれば、ボトックスの薬剤会社が定めている認定医がいるクリニックで整形を受けた方が良いでしょう。
エラボトックスは小顔に見せる以外にも、歯ぎしり、食いしばり、顎関節症、などの口腔疾患につながる問題を解決するのに役立つ場合もあります。
品質がしっかりしている薬剤であれば、1回の注射でも効果があらわれます。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*