輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

ほぼ無い?エラボトックスのダウンタイム

美容整形は顔や体の悩み、コンプレックスを解消してくれる治療で、多くの人に利用されています。本格的な治療の場合は半永久的な効果も期待できますが、いざ治療を行うとなるとそのリスクも心配という人も少なくありません。骨を削ったり、メスで切開を行うような治療の場合はかなりダウンタイムも長くなってしまいます。それゆえに治療を躊躇している人も多いのではないでしょうか。最近はメスを使わないいわゆるプチ整形と呼ばれる治療も人気となっており、より体への負担も少なく、ダウンタイムも短くなっています。エラボトックスも注目されている治療のひとつで、こちらは注射だけでエラを目立たなくし、すっきりとした小顔にできることで人気となっています。エラボトックスならメスを使わずに行うことができますので、傷跡もなく、骨を削る必要がありませんので、入院の必要もありません。効果はゆっくりと現れるので、急激な変化ではなく、自然な痩身も期待できます。

エラボトックスのダウンタイム

骨を削る治療のように永久的な効果が持続できる方法ではない

エラボトックスは注射だけで済ませることができる治療ですので、本格的な骨を削るような治療と比べるとかなり体への負担も抑えられており、ダウンタイムもかなり短く抑えることができます。
治療後はしばらく休憩を取ると帰宅できますので、すぐに日常生活に戻ることもできます。長期に休みを取れないという人にも利用しやすい治療です。
とはいえ、やはりエラボトックスの施術後は多少の痛み、腫れ、内出血が起こることもありますので、施術後は激しい運動や飲酒などは避けて安静に過ごしましょう。
施術後の腫れは数日もするとかなり目立たなくなっていきます。そして筋肉の働きを抑える治療となりますので、しばらくは食事がしづらい、固いものが噛みにくいなどの症状が出る可能性もあります。
それから、ダウンタイムは短い治療ですが、骨を削る治療のように永久的な効果が持続できる方法ではありませんので、効果が切れたら繰り返し治療が必要であるということは理解しておきましょう。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*