輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

出っ歯(上顎分節骨切り)のリスクをおさえておこう!

上顎分節骨切りとはいわゆる出っ歯の修正手術のことです。
上の左右の奥歯の抜歯を行い、その部分の根本の骨を切除し、上の前歯を後退させることで出っ歯を修正する事が可能です。このセットバックと言われる手術は、前歯6本を後退させてチタンプレートで固定させ、下顎の歯に噛み合わせていきます。
出っ歯は、歯列矯正での修正が難しく、数年かかってしまいますが、上顎分節骨切りの場合には、手術を行うだけで解消され、短期間での改善が可能です。
歯や上顎が前に出ている状態は、決して歯だけの問題ではないため、歯科的な治療だけでは根本的な解決は難しく、上顎骨を歯が付いたまま骨切りし、後退させる手術がもっとも効果的です。
ただ上顎分節骨切り手術は、抜歯した部分が目立ってしまうなどデメリットもあります。また噛み合わせが悪くなるリスクも伴うので、その場合には歯列矯正の治療が必要になることもあります。
リスクを避けるためにも、施術を行う前には、希望の輪郭のラインを伝え、経験が豊富な医師と充分カウンセリングすることが大切です。

出っ歯のリスク

出っ歯で悩んでいる人には、出っ歯(上顎分節骨切り)手術が効果的

顔の輪郭形成術には、さまざまな方法がありますが、出っ歯で悩んでいる人には、出っ歯(上顎分節骨切り)手術が効果的です。
出っ歯(上顎分節骨切り)手術は、セットバック手術とも呼ばれるもので、上顎と下顎の4番または5番の歯を抜歯し、その部分の歯槽骨、上顎骨、下顎骨を切除し、前歯を空いた部分に後退させる手術で、歯列矯正を行うよりも、短時間で効果を得ることができ、上顎だけを考えるのではなく、額や鼻、口元、顎先までのバランスをみて診断を行い、詳細な治療方針を立てていきます。
この手術では、上顎骨前方部をあらゆる方向に移動することができるため、手術の適応範囲が広く、理想的な口元を作ることができるのが特徴です。
ただ3、5番の歯間に隙間が残ったり、上口唇が薄くなるなどのリスクも伴います。
歯列矯正によって前歯を倒す方法と似ていますが、この上顎分節骨切りは、横顔のラインに対する歯の角度を変化させることなく、自然な口元にすることができるので、出っ歯で悩んでいる人は、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*