輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

出っ歯(上顎分節骨切り)の効果・メリットを6人の症例経過ブログから考察

前歯が出ている出っ歯は、目立ちやすいため悩んでいる人も少なくありません。出っ歯は、見た目だけではなく虫歯矢歯周病にもなりやすいため、治療をした方がよいと考えられています。
見た目で9割が判断されると言われる中、欧米では歯並びを矯正することは当たり前となっています。しかし日本ではまだ矯正する割合が少なく、出っ歯を矯正する人は多くありません。

ただ歯並びを治すことで、前歯の乾燥を防ぎ、虫歯になる確率を下げるメリットもあります。
また前歯が出ていると、前歯でものを噛むことができず、奥歯でしか噛むことができません。そのため顎に負担がかかり、額関節症になりやすくなります。

額関節症は、日本人に高い頻度で発症する病気で、生涯のうち2人に1人は経験していると言われています。軽度な症状の場合、時間が経つと治ってしまうので、放っておく人も少なくありませんが、重度の場合、痛くて口が開けられなくなる場合もあるので、生活習慣や癖を見直して予防することが大切です。

出っ歯のメリット

歯列矯正よりも根本的には輪郭骨切手術が必要

出っ歯で悩んでいる方は、外見のコンプレックスにつながっている場合があります。笑顔をつくる時、人と会話をする時や、仕事で人と接する機会が多い方など、様々な面で不便を感じている方が多いでしょう。

出っ歯で悩んでいる場合、治す方法として歯列矯正がありますが、歯列矯正は治療が終わるまでに長い期間がかかりますし、矯正器具が見える治療の場合は見た目が気になったり、仕事上不便を感じる方もいます。

歯列矯正では数年かかる治療を上顎文節骨切りは手術をすれば、治っているという効果が得られます。また、歯列矯正では修正することが難しいほどの出っ歯を手術で治すことができます。

そのため、口元を引っ込めたい方や短期間で治したい方、理想的な上品な口元にしたい方などに向いています。傷口は、口の中を切開して行うため外からはほとんど目立つことはありません。しかし繊細な手術になるため、カウンセリングをしっかりと行い、術後の経過や効果などをしっかりと確認しておく必要があります。

ナナ(アフタースクール)になるための横顔を作る審美歯科治療とは

女性なら誰でも多かれ少なかれ自分の容姿にコンプレックスを持っています。目や鼻、唇などの顔のパーツについて、もっとこうなれば良いのに、と不満を持っている人も多いと思いますが、案外気にしているのは自分だけだったりします。他人から見れば笑顔がきれいで可愛ければ魅力的にうつるものです。

しかし、歯がコンプレックスで笑顔に自信がないという人がいます。色が黄色かったり、不揃いだったりすると、笑うことを恐れて表情も乏しくなってしまいます。

表情まで暗くなってしまうと人間関係にも影響が生じてしまいます。それほど深刻に悩んでいるなら、美容整形を考えてみてはいかがでしょうか。整形手術を受ければ、ナナ(アフタースクール)のようになることもできます。

ナナ(アフタースクール)のようになるにはセラミック治療がおすすめです。セラミック治療は芸能人のような白く輝く口もとすることができます。また、歯を美しく見せる手段としてはインプラント治療もあります。さらに、表面だけを少しだけ削り、付け爪のようにセラミックを貼り付けるラミネートベニア治療も、色を白くしたり隙間を埋めるのに効果的です。

このような治療によって、美しい口元になつことができれば、笑顔にも自信が持てるようになります。しかし、他の美容整形と同様、満足のいく結果を得るには、技術レベルの高い医師に治療してもらう必要があります。

治療の際にはただ単に歯を美しくするだけではなく、口の中全体を健康で美しくする必要があります。経歴や口コミなどを参考に、信頼できるドクターを選びましょう。実際にカウンセリングを受けてみると、信頼できるかどうか判断できます。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

出っ歯の効果

出っ歯の輪郭形成の手術方法や費用のまとめ

出っ歯の治療は、出っ歯(上顎分節骨切り)手術で行います。まず上の左右第一小臼歯を抜歯し、根本にある骨も取り除きます。抜歯して空いたスペースに、前歯6本を後退させて固定し、下顎の歯に噛み合わせます。

歯列矯正によっても出っ歯の治療は可能ですが、その場合2~3年を要すため、出っ歯(上顎分節骨切り)手術は短時間で改善できるというメリットがあります。

施術は口の中を切開して行うため、傷口が外側から見えません。
ダウンタイムは、1~2週間程度で、費用の相場は10万円が一般的です。

輪郭形成の手術は、とても難しく技術が必要な手術です。そのためすべての医師ができるものではないので、経験が豊富な医師を選択することが大切です。

歯列矯正や差し歯などではなかなか改善できない出っ歯も、外科治療なら1日で理想の口元を手に入れることができます。

顔の中でも、口元は他人から見られ、印象づける部位です。
出っ歯で悩んでいる人は、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

信頼できる医師に相談してからより効果的な方法を選択することが大切

出っ歯(上顎分節骨切り)は、左右の奥歯を抜歯後その歯の根元の骨も削り、空いたスペースに前歯を後ろへ後退させます。そうすることで出っ歯が修正されます。上顎分節骨切り手術は、前歯6本を比較的自由に後退、上下へ移動させることができます。

そのため、バランスのとれた口元に仕上げる効果があります。歯列矯正では、抜歯した隙間に歯を移動させるため、歯の角度がかわり横顔のラインへ影響することでバランスがくずれることがあります。

出っ歯(上顎分節骨切り)では、上顎骨を後方へ移動させるため歯の角度をかえることなく横顔のラインも自然な仕上がりになります。

しかし口の中から切開して手術を行うため、術後は約2週間ほどの腫れがあります。またダウンタイムがあるため、短期間ではありますが堅いものや刺激のある食事は避ける必要があります。

手術は、出っ歯を治すだけでなく、顔全体のバランスを見て行う必要があるので、信頼できる医師に相談してからより効果的な方法を選択することが大切です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*