輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

レディエッセ(おでこ/額)の効果と失敗・修正のすべて!

おでこ・額を若々しく見せるためにも、最近ではヒアルロン酸やレディエッセの注入が人気となってきています。

レディエッセは、骨を形成するカルシウムハイドロキシアパタイトを主成分にしたジェル状の液体を注入する美容整形法です。

レディエッセを注入することでハリが生まれ、おでこ・額を美しい形に保つことが可能です。

レディエッセ(おでこ/額)とメリット

レディエッセ(おでこ/額)は、額にレディエッセを注入することでご希望の額を形成する方法です。

レディエッセは歯や骨を形成するカルシウムハイドロキシアパタイトを主成分にした長期持続型の注入剤で、注入後は長期にかけて徐々に吸収されていきます。

レディエッセとヒアルロン酸との違いは、元に戻したくなった場合、すぐに元に戻すことができないということです。

レディエッセは、シワやタルミによる皮膚の凹みの部分に注入し、凹みを持ち上げて目立たなくするといったアンチエイジング治療や、鼻を高くする、頬や顎の輪郭形成にも用いられています。

失敗しないためには、クリニック、ドクター選びが非常に大切です。

レディエッセ(おでこ/額)の効果と失敗・修正のすべて!

レディエッセ(おでこ/額)の美容整形の名医と有名病院

レディエッセ(おでこ/額)の名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。

レディエッセ(おでこ/額)の美容整形の症例数が多いだけではなく、クオリティの高いレディエッセ(おでこ/額))の美容整形の症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。

ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。

輪郭整形の名医-失敗と効果

レディエッセ(おでこ/額)の症例写真

症例画像①

レディエッセ(おでこ/額)の美容整形・手術・治療

レディエッセ(おでこ/額)の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。

おでこ・額をふっくらさせて、ハリのを感じさせる、若々しい状態にしたいときは美容外科でレディエッセを注入することをおすすめします。

ヒアルロン酸を注入して、ハリを与えることも出来ますが、レディエッセの場合はハイドロキシアパタイトという物質を主成分としている注入剤で、歯や骨の成分として知られているものです。

毒性やアレルギー性がないことから、ハイドロキシアパタイトは非常に安全性が高く、歯科などの多くの医療分野で用いられています。

ヒアルロン酸に比べると、レディエッセは硬めの材質なので、おでこ・額に注入すると、シャープで綺麗なラインに仕上げることが出来ます。

ヒアルロン酸よりも長持ちするのも魅力なので、おでこ・額をふっくらさせたいときは注入してもらうようにしましょう。

ただし美容外科選びを間違うと、でこぼこになるなど、仕上がりが不自然になってしまうので、出来るだけ名医のいるところに任せるようにし、もし失敗した場合は修正を依頼するようにしてください。

技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

レディエッセ(おでこ/額)の失敗・修正・再手術

レディエッセ(おでこ/額)の失敗例として、効果がない、膨らみ過ぎなどの他、皮膚の血行障害・壊死(えし)、凹凸、しこりなどがあります。

血管内にレディエッセが注入された場合や、注入量のミスにより、皮膚がパンパンに膨らんで緊張が強くなると皮膚の血流が悪くなり、血行障害を起こします。そのままにしておくと、凹みや赤み、皮膚が壊死(えし)となってしまう場合もあります。

おでこ・額のレディエッセに失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介も参照ください。

レディエッセを溶解する薬剤はありませんので、自然に吸収されるまで待たなければなりません。

注入部位によっては小さい切開を加えてレディエッセを一部取り出すことも可能ですがその場合小さな傷跡が残ります。

皮膚が壊死した場合には、周りから皮膚が伸びて傷が閉じるように軟膏を塗布します。

失敗しないためには、クリニック、ドクター選びが非常に大切です。

レディエッセ(おでこ/額)の効果・仕上がり・アフターケア

レディエッセ(おでこ/額)の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、正面や横顔の形状を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な骨削り・骨切り整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

輪郭形成の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

レディエッセ(おでこ/額)のトラブル・リスク・デメリット・後遺症

おでこ・額のレディエッセのデメリットを解説いたします。

技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。レディエッセ(おでこ/額)の代表的なリスクとしては、しこり・凸凹・効果が無い・感染が考えられます。輪郭の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。

ご相談窓口でも説明いたしております。輪郭の美容整形のその他のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。関連する治療法>>>レディエッセ(おでこ/額)のリスクとは?

傷跡 アレルギー 痛み・異物感 皮膚の血行障害・壊死 しびれが生じる 効果/変化が無い 注入部の凸凹 ふくらみ過ぎ 凹みが残る しこり 感染(化膿する) 血が溜まる たるみ・皮膚の余り 左右差 口を大きく開けられない 顔面神経麻痺 術中の出血 知覚の麻痺、鈍い、しびれ 口のゆがみ 凹み 出っ張り 火傷・すり傷・色素沈着 中縫いの糸が出てくる 頬や上口唇のしびれ 眉毛が動かない 段差 頬骨のズレ 金属プレート/ワイヤーがうつる(レントゲン・CT・MRI) 違和感 変形 アゴが丸くなる プロテーゼのずれ プロテーゼの輪郭が浮き出る アゴの梅干し アゴが正中からずれる 除去後のへこみ 頬がこける 取り残し スクリューの違和感・浮き出る 脱毛 頭痛・貧血 歯と歯の間に隙間ができる 前歯の噛み合わせが悪くなる 小鼻が広がる 毛嚢炎(もうのうえん) 白目・角膜の損傷

レディエッセ(おでこ/額)のダウンタイム・腫れ

腫れとダウンタイムはプチ整形なら1週間程度です。
術後は包帯・ドレーンなどのアフターケアを必要に応じてします。

レディエッセ(おでこ/額)の料金相場と安い価格・費用

おでこ・額のレディエッセの費用は美容外科によって違いますが、大体15万円~20万円ほどなので、安くて技術の高いところに任せるようにしましょう。

レディエッセ(おでこ/額)のまとめとオススメ

レディエッセ(おでこ/額)の美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて、名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*