輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

眉骨削りをした後のアフターケアって?

眉骨削りは外科的な要素を大きく含む施術ですので、手術自体が簡単そうに見えても、医師の技術力や経験値、そしてセンスも問われるものです。名医といわれる評判の良い医師や病院を選ぶことで、失敗のリスクは大きく回避できます。その上で、医師からの術後の注意事項をしっかり守ることが成功には重要なポイントになります。アフターケアを怠れば、せっかく成功した手術であるにもかかわらず、満足な結果が得られないということも十分にあり得ます。トラブルの多くは、このアフターケアのまずさによるものであるということも言われています。眉骨削りのダウンタイムは個人差がありますが、おおよそ1カ月といわれています。腫れや痛みは術後3日間をピークに、3週間ほどで気にならなくなってきます。その間は冷やしたり医師から処方される痛み止めなどを使って緩和させます。飲酒や喫煙、激しい運動は痛みを増幅させ、傷の回復も遅らせてしまいます。感染症の原因ともなりますので、1カ月程度は控えるようにしましょう。

眉骨削りのアフターケア

スケジュールに余裕を持って手術に臨むことも大切

眉骨削りは眉毛の上か下、もしくはその両方を切開します。最後に縫い合わせますので、術後1週間ほどを目安に抜糸します。血が溜まるのを防ぐためにドレーンを挿入することもあります。これが取れるまで3日ほどかかりますので、その間のメイクは控えます。首から下のシャワーは翌日から可能ですが、洗顔と全身シャワーは、このドレーンが抜けるまでは行ってはいけません。腫れや内出血が落ち着くのは3週間といわれています。ただしシャワーや飲酒、喫煙、激しい運動などの影響で、長引いてしまうことにもなりかねません。眉骨削りの手術は、手術そのものの成功も重要ですが、アフターケアも成功に欠かせない要素です。また完全に完成するのは6カ月ですから、この6カ月の間に激しくぶつけたり打ったりすると、修正が必要になってしまうこともあります。出来る限りそういった危険性があるような行動は避けた方が無難でしょう。術後の注意事項は忠実に守らねばなりません。タイトなスケジュールでは厳しいこともありますので、余裕を持って手術に臨むことも大切です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*