輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

バッカルファット除去のリスクって何があるの?

バッカルファットってなに?

バッカルファット除去という言葉はあまり聞きなれない言葉だと思われますが、脂肪吸引などだけでは吸引できない頬の奥の方にある脂肪の塊を除去する施術のことです。

バッカルファットが顔の中にあると顔が大きく見えたり体は痩せているのに太っている印象を与えてしまうことがあり、バッカルファット除去をすることで顔が小顔になりシャープな輪郭を手に入れることができます。

顔の脂肪吸引でもあまり効果がなかった人はこの方法で脂肪の塊の取り除くことがおすすめです。顔の脂肪が多くて顔が大きく太って見える人や、加齢によって顔の皮膚がたるんでいる場合のアンチエイジング法としても有効です。

しかし、施術である以上必ずリスクがつきものであり、何の問題もなく成功する人もいれば失敗して思わぬ悩みを抱えてしまう人もいます。そして、施術を行うクリニックを選ぶにも慎重に行う必要があります。

では、バッカルファット除去におけるリスクとはどんなことがあるのか考えてみましょう。

バッカルファット除去のリスク

負担が少ない施術ですが・・・

バッカルファット除去は、口腔内から軽く切開をして脂肪を取りだす施術です。
加齢によって顔がたるんでしまったり、なかなか落ちにくい脂肪を除去することで小顔ですっきりとして顔になることができます。
ダウンタイムも少なく、頬骨骨切りやカニューレなどを使用して行う顔の脂肪吸引などのほかの小顔効果が期待できる方法に比べて比較的負担が少ない施術だといえます。

では、バッカルファット除去で考えられるリスクとはどんなことなのでしょうか。

バッカルファットって怖い手術?

バッカルファットを切除することで生じるリスクについて解説していきます。

まずはこちらのグラフをご覧ください。
バッカルファット除去を受けた人の失敗リスクに関する報告書です。
(※対象者70名以上のアンケートを取りました)

当相談所では、毎日多くの患者様からの失敗の原因と症状についての報告が入っております。

バッカルファット除去のリスクと%

効果・変化が無い

最も大きなリスクは、せっかく施術を行ったにもかかわらず施術を行う前とあまり変わらなかった、つまり効果が期待できないことです。

もともと顔のついている脂肪の問題ではなく骨格の問題で顔が大きく見える人や、顔の脂肪が少ない人などは思ったよりも小顔効果が期待できないこともあります。

頬がこける・ムンク状態

バッカルファット除去をすることで、頬がこける・ムンク状態になることがあります。治療をする必要がないと思われる人が行った場合に多く起きるトラブルであり、顔の状態を医師にしっかりと把握してもらってから治療を進めてもらうことが大切です。

しわやたるみの種類によっては、違う治療を行った方がよい場合が多く、多くの治療方法を導入しているようなクリニックに治療をお願いすることをおすすめします。

顔が歪む

また、あまり経験豊富でない医師が施術を担当することで変に顔が窪んでしまうこともあり、施術を行う医師の技術力にも左右されますので、もしバッカルファット除去を検討している場合には、クリニックを選ぶ際は費用だけで選らずに技術力をしっかりと持ち経験豊富な医師がいるクリニックを選ぶようにするのが望ましいといえます。

まとめ

バッカルファット除去は、一般的なプチ整形の手術よりも高度な技術が要されます。
それは頭蓋額外科と言う分野の輪郭整形のジャンルの手術であり、皮膚や脂肪、筋肉、骨格などの様々な要素を考えて治療に当たらなくてはならないためです。

これからバッカルファット切除をしようと考えている方は、輪郭整形と若返りなどの総合的な判断ができる名医を選ばれることを推奨いたします。関連記事であるバッカルファット(脂肪除去)のリスクとは?についても読んでみてください。

輪郭整形の名医


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*