輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

顎水平骨切りの失敗を避けるために

顔の中でも、顎は他人の目がいきやすいパーツで、長い顎やしゃくれのために悩んでいる人も少なくありません。
長い場合には、骨を切ることで、短くすることが可能です。
一般的にあごと認識されている箇所は、医学的にはオトガイと呼ばれ、短くする場合は、顎水平骨切りやオトガイ水平骨切りと呼ばれ、中抜きで下あごを短縮した後、先端の骨片を前進させてチタンプレートで固定します。
この方法では最大で10ミリほど前進することができ、手術後には引き締まった口元を作り出すことができます。
施術によって美しい口元を手に入れることができますが、ただ下あごの骨にはオトガイ神経があり、口唇周辺の感覚に関係しています。そのため失敗すると神経麻痺を起こすリスクもあるので、施術を受ける際にはメリットだけでなくデメリットも説明してもらうことが大事です。
もしあごの形や長さで悩んでいるなら、一度美容整形外科でカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

顎水平骨切りの失敗

施術でがらっと顔の印象を変えることができるが、失敗例も。。

輪郭形成にはいろいろな方法があります。エラ削り、顎削り、頬骨削りなどあらゆるパーツを修正することが可能です。
中でも顎は、印象に残りやすいパーツなので、施術を行うことでがらっと顔の印象を変えることができます。
顎の整形でもっとも希望が多いのが、長い顎、大きい顎を小さくすることです。この場合、顎水平骨切り施術が効果的で、個人差はありますが、最大で10ミリ短くすることができます。
顎を短くシャープにするには、オトガイ骨を水平に2回骨切りし、短縮したい長さの骨を中抜きします。オトガイ神経の位置によって、短縮できる長さは違ってきますが、オトガイの短縮は5ミリ程度が限界と考えられて居ます。切除したことによってあいた位置に骨を移動させ、段差を滑らかに形成していきます。
顎水平骨切りは、失敗するとオトガイ神経を傷つけ、口が開きにくいなどのリスクを生じることがありますから、水平骨切りをする際には、十分技術のある医師に施術してもらうことが大切です。

顎水平骨切りの失敗を避けるために

顎 水平骨切りで失敗して、「オトガイ神経の麻痺」が…。

水平切りする際に傷つけてオトガイ神経の麻痺が起きることもあります。

顎の骨の部分には神経が通っているオトガイ神経口があり、顎 水平骨切りを行うときにはその神経口の下を切ることになります。慣れていない医師は骨切りする際に傷つけてしまうことがあって、オトガイ神経の麻痺が残る可能性が高くなります。

オトガイ神経の麻痺が残ってしまうと顔の機能に影響が残り、部分的に顔の筋肉を動かせなくなったり、下唇から顎にかけて痺れが残ってしまい、話をしたり食事を行うときに不便になってしまいます。

顎のサイズに変化が感じられず効果が無い

長い顎や大きな顎のサイズに悩んでいる人に効果が期待できる顎 水平骨切りは、骨を変化させるため、目に見えた効果を期待しますが、経験が不足している医師が行うと失敗してしまい、効果が無いように見えてしまうことがあります。

デザインに応じて短くする骨の量を考慮しなければなりませんが、シミュレーションやマーキングを怠ってしまうような医師だと、骨切りする量が足りなくて変化が感じられないほど少ない量で済ませてしまうことがあります。

適切な処理と縫合が行われないとたるみが残る

顎が短くなると当然皮膚のあまりも出てくるため、不要な分は切除する適切な対応を行う必要がありますが、医師が注意深く施術を行ってくれないと見逃されてしまいます。横に寝ている状態で手術するため、たるみが起きていることに気づきにくいことがあるためです。立った時のことも考えた皮膚の処理が行える経験の高い医師による施術を受けないと失敗につながりやすくなります。縫合の仕方が悪い場合も、傷口付近にたるみが生じてしまうことがあります。

顎 水平骨切りの名医に施術の依頼を行う

顎 水平骨切りで顔に麻痺が残ってしまうようなリスクを避けるためには、名医による施術を受けることが必須です。実績が豊富な医師であれば、神経を避けながらデザインに限りなく近づけるように骨切りすることも可能になるためです。骨に段差が残らないように、削って整えるといった細かな対応も可能となるため、仕上がりの美しさが期待できます。

当相談所で、名医が在籍しているおすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*