輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

顎水平骨切りのリスクって何があるの?

美容整形では顎に関する手術も多く行われていますが、その中の1つに水平骨切りがあります。顔が長い場合に広く行われている手術となっており、ここでは、骨を水平に切り、中抜きをすることで顔の輪郭を変える内容となっています。
美容整形における顎の手術に関しては、骨削りや骨切りといった内容のものも多く、これらは全て、方法としては比較的大きなものとなります。そのために、手術には実績や経験のある医療機関を選ぶ必要があり、ここでは、リスクに対する様々な対策が講じられています。
まず、血液検査があります。手術においては医師が診察を行ってから血液検査が行なわれることになりますが、内容としては、貧血や肝臓、腎臓などの機能が確認されることになります。問題があれば治療を行い、改善後に手術は行なわれることになります。2つ目としては手術における気道の確保があります。部位に関しては気道が近いこともあり窒息や閉塞がないように気管挿管による確実な方法が用いられます。3つ目としては一泊入院があり、術後のリスクが一番が高くなる時期での十分なケアが施されるようになっています。

顎水平骨切りのリスク

リスクを充分に理解しましょう

顎水平骨切りの手術を受ける場合には、ここでのリスクを知った上で判断をすることが大切になります。
顎水平骨切りのリスクとしては、まず、全身麻酔による事故に対しての内容があり、しっかりとした専門医師がいる施設を選ぶ必要があります。また、医療機関の設備に関しても大切な内容となり、事前に情報を入手してから受ける必要があります。次に、術後においては、腫れによる気道の閉塞や、場合によっては咬合せが安定するまでの時間がかかることがあり、他にも、下歯槽神経麻痺の可能性や小鼻が広がる可能性があることを上げることができます。
水平骨切りでは、チタンプレートにより部位の固定が行なわれますが、手術がうまく行なわれていない場合などでは、ここでのプレーとやネジが緩んでしまうことがあり、その場合には再手術が伴うことになります。また、神経が損傷した場合に起こる知覚障害、皮膚が伸びきることによるたるみなどがあり、これらの内容に関しては、未熟な医師の場合に、よりそのリスクが高まることを理解しておくことが重要になります。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*