輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

顎垂直骨切りにはこんなデメリット3つがあるんです!

顎は顔の輪郭のバランスを決める大事な部位となっていますが、女性の場合はあまりにしっかりとしていると男性的な顔立ちになることもあり、気にしている人も少なくありません。

メイクで影をつけるなどの努力をするとほっそりと見せることができますが、やはりすっきりとしたフェイスラインにしたいという人は少なくありません。そこで注目されているのが美容整形で骨を削る治療です。

顎の骨を削ることで、顔はかなりすっきりし、小顔で女性らしくなるというメリットがあります。そしてプチ整形とは違い本格的な治療ですので、永久的に効果を維持することもできます。

とはいえ、骨を切る治療は体にもかなり負担がありますので、治療前にはそのデメリット、リスクがどんなものであるのかも知っておきましょう。ダウンタイムも長くなりますので、長期に休みが取れることも大切です。

美容整形の中でも特に高い技術を必要とする治療ですので、医療機関選びは慎重に行うことも大切です。

顎垂直骨切りのデメリット

医療機関選びは慎重に

顎垂直骨切りを行うとすっきりとしたフェイスラインを得ることができますが、垂直骨切りは本格的な治療ですので、メリットだけではなく、そのデメリットも知っておきましょう。

まず、顎垂直骨切りは小顔効果を得ることができますが、医師の技術力が未熟であると思ったような効果を得ることができなかったり、逆に顎がシャープになりすぎてしまうこともあります。

見た目がかなり変わりますので、違和感があったり、顔にたるみが生じてしまう、さらに神経麻痺が残ってしまうこともあります。

もし治療で失敗してしまった場合はヒアルロン酸注入やプロテーゼの挿入などが必要となり、体にさらに負担もかかり多くの費用が発生することとなってしまいます。

一度削ってしまった骨を元に戻すことは困難ですので、輪郭治療で評判の高いクリニック、名医と呼ばれる医師に担当してもらえるよう、医療機関選びは慎重に進めていきましょう。

ダウンタイムも長くなる治療ですのでアフターケアの良さも重視したいところです。

オトガイ神経の麻痺になってしまったら…顎 垂直骨切りのデメリットと対策

「オトガイ神経の麻痺」デメリットについて。

顎 垂直骨切りを受けた場合、オトガイ神経の麻痺が生じるデメリットがあります。顎の骨の周りにはたくさんの神経があるので、骨を削る際に神経が引っ張られて傷つく事が原因です。

軽度の場合、一時的な神経麻痺が手術後に現れますが、一週間くらいで改善していきます。ただ重度の場合、なかなか麻痺が解消されないです。そのため、安心して施術を受けるためには、信頼して任せられる医師か確認した方が良いです。

「効果が無い」デメリットについて

顎 垂直骨切りを受けると、効果が無いというデメリットがあります。これは、オトガイ神経の位置によって、顎の骨を削れる範囲に限界があるからです。

これは、施術を受ける前に医師と術前のシミュレーションをちゃんと行っていれば回避できるトラブルといえます。

つまり、確実に効果を得るためには、時間をかけて医師とカウンセリングを行い、施術後にどのような仕上がりになるのか確認する必要があります。

「たるみ」のデメリットについて

顎 垂直骨切りを受けると、たるみが生じるデメリットがあります。これは、医師の施術経験があまりなく、未熟なために、骨を過剰に削りすぎてしまう事が原因です。

骨をたくさん削ると、顎下に存在する筋肉などが癒着して引きつれを起こしてしまいます。その結果、たるみが目立つようになるのです。

仕上がりをきれいにするには、これまで施術をした経験が豊富で、技術が良い医師かどうか確認する事が大事です。

信頼できる医師を見つける事がおすすめ

顎 垂直骨切りの施術は、太い顎をシャープにする事ができる美容整形です。顎にある骨を削る事で、綺麗な見た目に仕上げることができます。

ただとてもデリケートな施術なので、技術がなく、施術の経験があまり無い医師に任せると失敗するリスクがあります。顎は人と話す時に目立つ部位なので、確実にきれいに仕上げる必要があります。

そこで、当相談所では名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*