輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あごプロテーゼの修正はできる?費用は?

あごは顔の中でも目立つ部位のため、少し長かったりしゃくれているだけでも、人の印象に残ってしまいます。またあごが短い場合も、横から見たときにバランスが悪く、あごプロテーゼを挿入することで美しいバランスのとれた輪郭を手にいれることができます。
あごが長い場合には、骨を切ったり削ったりして形成する方法があります。あごが短かったり、形が悪い場合には、あごにシリコンプロテーゼを挿入して形成する方法をとります。
美人顔の基準として、鼻とあごの先端を結んだライン(Eライン)があります。このEライン状に唇がおさまるのが美人顔といわれています。
あごが短かい場合には、あごプロテーゼを挿入することでこのEラインになり、美しいフェイスラインになります。
シリコンプロテーゼは、弾力性、伸縮性、柔軟性に優れた素材なので、一度挿入すれば、半永久的に使用することができます。ただ手術後にズレたり浮き上がって見えた場合には、取り出して修正することになります。

あごプロテーゼの修正

外から傷跡が見えることはないので安心

あごのラインを整えるにも、その人の悩みによって解決方法は違ってきます。長いあごの場合には、骨格から修正する必要がありますが、あごが短い場合には、あごプロテーゼを挿入することで、バランスの良い口元になります。あごプロテーゼによって少し高さを足すことで、フェイスラインがすっきりとするだけでなく、小顔に見えるようになります。西洋人に比べ、日本人は比較的あごが短いため、少しラインを整えるだけであか抜けた雰囲気を作り出すことができます。
施術前には、カウンセリングであごの骨の形態や軟骨組織の厚みなどを確認し、それぞれのあごの骨にぴったりとあったプロテーゼを使用します。きちんとフィットしていれば、手術後にズレたりすることはありませんが、万が一治療が必要になった場合には、簡単に取り出すことができるので、修正は可能です。
あごの整形手術は、口の中を切開しておこなうので、外から傷跡が見えることはないので安心です。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*