輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

【顎大きさを調節できる】あごプロテーゼのメリットとは

あごが引っ込んでいるので、フェイスラインがおかしくなると、気にしている方があれば、美容整形外科であごプロテーゼを受けることをおすすめします。

これは口の中を切開し、プロテーゼと呼ばれる人口軟骨を挿入して、あごのラインを整える手術のことなので、術後はフェイスラインが変化し、イメージを変えることが出来ます。

ほとんどの場合、口腔内から切開して、あごにプロテーゼを挿入するポケットをつくりだし、事前に患者さんの希望通りの形状のシリコンプロテーゼを挿入し、きちんと調整したあと、しっかりと固定します。

顔にメスを入れるとなると、怖いと感じる方もありますが、あごプロテーゼは口の中から切開しますから、顔の表面上には傷跡が残らず、誰にも気づかれないというメリットがあります。

プロテーゼの大きさなどは調整できますから、顔の形が気に入らないので、フェイスラインを大きく変えたいときは、あごプロテーゼにチャレンジするようにしましょう。

あごプロテーゼのメリット

小さすぎる顎を大きくする効果

あごプロテーゼによるあごの整形手術は、安い費用の場合は20万円ほどで行うことが可能になっています。

あごプロテーゼの治療で使うプロテーゼの素材は、シリコン製のものになっていることがほとんどであり、体に入れても大丈夫なようなものになっているため、とても安心ができる内容の治療をすることができます。

上手な美容外科では多くのプロテーゼが導入されていて、いろいろな形のあごの治療に対応してもらうことが可能になっているため、たくさんの要望を聞いてもらうことができます。

失敗することもなく、安心できます。あごが割れている症状の人や、あごの大きさが小さすぎるというコンプレックスを解消することが可能であり、長年の悩みから解消させてもらうことが可能になっています。

ダウンタイムが比較的短い治療をしてもらうことができ、あまり休みを取らなくても治療をすることができるクリニックであるため、評判が非常に高く、他の部位の治療を依頼する人も多くなっています。

愛沢えみりのような輪郭になれる輪郭整形

愛沢えみりは、輪郭がすっきりした小顔で、小悪魔agehaの専属モデルとして活躍しています。

元々キャバ嬢として活躍していましたが、現在はファッションブランドを運営しています。

愛沢えみりというと、キャバ嬢として歌舞伎町のキャバクラの看板娘でしたが、その美貌からファッションモデルもこなし、ファッションブランドのプロデュースなども行ってるマルチな才能を持っています。

身長は164センチ、体重39キロとかなりスレンダーな体型で、彼女のあこがれている女性も少なくありません。
特に、小顔が特徴的で、輪郭の美しさには定評があります。

顔の輪郭というものは、なかなか自力では変えることができませんから、輪郭整形の手術を受けることがもっとも最適な方法といえます。

東洋人は、頬骨が前に突出している人が多く、ごつごつした印象を与え、老けた顔に見えてしまいます。
そういった場合には、頬骨削りの手術が効果的です。

エラが張っている人の場合には、エラ削りが効果的です。

エラが張っていると顔が大きく見え、男性的な印象になってしまいます。エラを削ることで女性らしい優しい印象のフェイスラインにすることができますし、横顔も美しいフェイスラインにすることができます。

顎削りは、最近若い女性に人気の美容整形手術で、とがった細い顎にあこがれて手術を受ける人が増えています。
手術の方法は、口の中を切開して、顎の骨を切ることで、顎を小さくすることができます。

ただ、どの手術も、感染したり、血が溜まる、顎から下口唇、下顎の歯茎の知覚の麻痺、左右差、顎の違和感などのトラブルが起こる可能性がありますから、信頼できる医師やクリニックを選ぶことが大事です。

女性なら小顔に誰でも小顔になりたいという願望があるかもしれませんが、大がかりな外科手術には抵抗があるという人も少なくないのではないでしょうか。

そういった場合には、まずは、ボトックス注射などのプチ整形を試してみるというのも、一つの方法です。

ボトックスは、ボツリヌス菌が出す毒素である、ボツリヌストキシンから抽出した成分を、製剤化したもので、筋肉の動きを弱める効果があるため、エラ部分に注射することで、小顔効果を得ることができます。

特に咬筋が発達していることでエラが張っているという場合に、効果的ですから、外科手術に抵抗があるという人は一度試してみてはいかがでしょうか。

事前に口コミの評判を調べ名医のいる美容外科を選ぶことが大切

これから美容外科であごプロテーゼの手術を受けたいなら、高い技術を持った名医に任せなければなりません。
経験の少ない医師に任せると、せっかく挿入したプロテーゼがずれてしまって、顔が不自然な形になることがあります。

手術を受けたにもかかわらず、余計におかしな顔立ちになっては困るので、事前に口コミの評判を調べてから、名医のいる美容外科を選ぶことが大切です。

そうすれば、誰にも気づかれずにフェイスラインを整えて、コンプレックスを解消できるので、よく調べずに美容外科に行くのはやめるようにしてください。

あごプロテーゼで気になるのは、痛みについてでしょうが、通常は局所麻酔下で手術をするので、痛みを感じることはありません。

麻酔の注射の際に痛いと思うこともありますが、耐えられないことではないでしょう。

フェイスラインを整える手術の中では、比較的ダウンタイムは短いというメリットがありますが、強い腫れが10日前後は続くので、外出時はマスクなどで隠すようにしましょう。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*