輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あご短縮(中抜き)のリスクを正しく知っておこう

あご短縮(中抜き)の美容整形はりんかくやフェイスラインを美しくスマートにし、あこがれの小顔を手にできる美容整形です。さらに、割れたあごやしゃくれて長いあご、左右の形の違いなども解消することが可能です。

しかし、あご短縮の手術を受けるリスクとしてまず、はじめに知っておくべきものもいくつかあります。

削り方によっては本来のあごの骨の強度を保てなくなり弱ってしまうことや、あやまって神経などを損傷させてしまった場合は、あごの神経マヒなどが引き起こされてしまう危険性もがあります。

また、あご短縮の際あごの筋肉を一部切除するため、顔にたるみができてしまうということもあり得ます。

しかもこの手術は一度やってしまうと、二度目の手術は困難ですので、とにかく、名医と呼ばれなおかつ、自分と相性のいいお医者さんを選ぶよう慎重に慎重を期するように、事前のカウンセリングでじゅうぶん納得したうえで、判断するようにしてください。

あご短縮(中抜き)のリスク

経験が豊富な技術の高い医師を選ぶことが大切

あご短縮(中抜き)の手術を受ける際もほかの手術同様、当然麻酔を使用しますが、ほとんどの場合全身麻酔となるでしょう。もちろん手術中は完全に眠っていますので痛みは全くありませんが、これもほかの手術同様、手術後麻酔が切れた後はやはり痛みが残ってしまう場合が多いです。

これはこの手術に限ったリスクではありませんが、あご短縮(中抜き)の手術の際は事前に理解しておくようにしましょう。なので、手術後1週間程度は晴れが治まらずに入院というケースもありますが、そうなってしまってもあせらないことが重要です。

とにかく、あご短縮は副作用の危険性も高く、お医者さんによってその出来具合が大きく左右しますので、最初のお医者さん選びやカウンセリングが非常に重要です。

専門医がなるべく美容整形の経験が豊富であることや形成外科の名医であることなどがおもな判断材料となり、やたらと「絶対」を多用するようなお医者さんには気をつけるようにしましょう。

左右差や神経損傷のリスクに注意

あご短縮(中抜き)は安いところで970,000円ほどの費用でできるところがありますが、切り取る骨の量などによって変動するため、1,000,000円ほどが一般的にかかる費用です。

慣れていない医師はあごを短くすることばかりを考えて、顔全体のバランスを考えずに失敗してしまうことがあります。輪郭だけでなく、鼻や口などの顔のパーツとのバランスも考える必要があって、極端に短くなると違和感が出てしまいます。

左右の比率が悪くなっていたり、骨の段差が残ってしまっても良く無く、あまり切り取る量が少なくても変化が感じられないため、適切なデザインができるところを選ぶべきです。

神経を痛めてしまう可能性も考えられるので、位置を正確に把握できるくらい件数を多くこなしているところで受けるべきです。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*