輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あご短縮(中抜き)の効果で人生変わる!

下あごのしゃくれ・出っぱり・太さは、顔の印象を下げる一因になることがあります。下あごの部分が悩みの種となっている方も多いでしょう。目元や鼻の悩みはマスカラ・アイライン・シャドウなどのメイクで隠せますが、下あごについてはメイクでは隠しようがありません。根本的に解決するには、美容外科手術が一番です。あごの悩みを解決する方法としては、あご削り手術・あご短縮手術の主に2通りがあります。バランスよいあごの形を求めるのなら、あご削り手術よりもあご短縮手術のほうが効果的です。
費用の面ではあご削り手術の方が安めですが、しゃくれ・出っぱりの状態がひどい場合には削るにも限度があり、あごを短くしたい場合にもバランスよく仕上げることは難しくなります。あご短縮手術は手術の費用が高めとなりますが、あごの一部分の骨を切除して短くし形を整えるので下あごの悩みを一気に解決することができます。骨を切る範囲などであごの長さの調整ができますので、理想の形を実現したい方にもおすすめです。

あご短縮(中抜き)の効果

クリニックの無料カウンセリングに足を運んでみましょう

あご短縮(中抜き)の手術の詳細として、下あとの真ん中部分を水平に切り取ることから開始されます。切り取った骨の下にあった骨を上部の骨と接着し、両あごのラインを削りラインを整えて上部の骨と下の骨をプレートで固定します。あご短縮(中抜き)をすることで得られる効果は、下あごの悩みの解消だけではなく他にあります。あごの骨を一部分切り取り長さが短くなったことで、顔が小顔に見られるようになります。小顔になると全体的なスタイルが良くなるので、いままでよりも服の着こなし方もアップできます。
手術に興味があっても術後に問題がないか心配という場合でも、あご短縮(中抜き)は手術後のアフターフォローをしっかり受けていれば安全です。骨を切開する手術は化膿・感染症が起こりやすいですが、手術後に抗生物質の投与や血液が溜まらないよう処置を受けることで予防することができます。手術の跡も目立たないので、クリニックの無料カウンセリングに足を運んでみてはいかがでしょうか。

失敗しないための輪郭の美容整形SOS


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*