輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あご切り(前出し)のデメリット・リスク3つを口コミブログから集計してみた

あご切り(前出し)のメリット

日本人特融の後退したあごをまえに出すと顔全体が引き締まり、シャープで小顔になります。あご切りは横顔も唇が引っ込んで美しいEラインを保って、大きな影響力を持つパーツです。そんな人気のあご切りには様々な方法がありますが、一番手軽にできるのがヒアルロン酸注射です。

ヒアルロン酸は徐々に吸収されてなくなってしまうので、効果の持続期間は6-8か月ほどです。局部麻酔をするだけで、およそ10分ほどで終了する簡単な施術です。効果期間は短いですが、最初のお試しには手軽で高架にも大きな期待が望めます。

リスクとしては血流が豊富な部位ですので内出血が出やすい点です。大きな内出血は10日前後、小さいものでは数日でおさまり、メイクなどで簡単にカバーができます。ヒアルロン酸が溶けずにしこりになる場合がありますが、ヒアルロン酸溶解注射で解決します。

個人差はありますがまれに人によってアレルギーが出て腫れる場合がありますので、カウンセリングでのチェックは必要です。

あご切り(前出し)のリスク

同時に審美歯科治療で綺麗なフェイスラインを作れる

シンガーソングライターとしても活躍しているGackt(ガクト)さんは、日本人離れしたルックスが印象的です。特に、口元は白い歯が左右対称に並んでいて、とても美しいです。日本人は口元にコンプレックスを抱いている人が多いですが、ここまできれいな口元にはなることができないと諦めてしまっている人もいます。

しかし、Gackt(ガクト)さんのようなきれいな口元にすることは誰でも可能です。口元の印象というのは、第一印象をいい方向へ作用する力があります。健康で清潔、そして美しいという印象につながるからです。

日本人の歯の色は真っ白ではなく、少し黄ばんだ色をしています。きれいに白くするには、セラミック治療があります。詰め物をセラミックにすると、保険の金属やプラスチックとは異なり、本物そっくりのきれいな仕上がりになります。透明感のある素材で、強度も問題ないので、見た目と噛む機能を両立することができます。

詰め物などがない場合は、負担の少ないラミネートベニアという治療があります。これは、表面だけを薄く削り、付け爪のように貼り付ける治療法です。貼り付ける素材もセラミック製なので、きれいに見えるだけでなく、色を自分の好みに変えたり、形もある程度自由に治すことができます。

もし、歯がなくて困っているようでしたら、インプラントという治療があります。骨にチタンを埋め込み、その上にセラミックを装着することで、きれいな見た目を回復することができます。インプラントは難しい治療なので、扱っているクリニックは限られていますが、探して治療を受ける価値はあります。Gackt(ガクト)さんのようなきれいな口元を手に入れるための治療はたくさんあり、自分に合ったものを選択しましょう。

あご切りのデメリットは、全身麻酔、入院、高額な専用骨切り機械の使用、などが必要になることです。
あごを前に出すという方法としては傷跡も残りにくくメリットが大きいですが、簡単に手術が受けられるわけではありません。

また、術後は腫れがひどくならないように2〜4日は包帯を巻いて圧迫する必要があります。この包帯を巻いている期間はかなり鬱陶しいものです。腫れは2〜3週間続きます。

また、骨を切りすぎてしまうとあごの下がたるんでしまうこともあります。

全身麻酔をするために1泊入院する必要があり、術後4〜5日の圧迫固定が必要なので、1週間程度は余裕を持って休めるようなタイミングで受けることが必要です。

術後は通常通り食事をすることは可能ですが、あごに負担をかけないように3〜4日程度は流動食をとったほうが良いでしょう。

あご切りは整形手術のなかでは比較的時間がかかり、所要時間は約1時間半程度かかります。
気軽に受けられる手術ではないので、覚悟が必要です。

あご切り(前出し)のデメリット

デメリットについて

あご切り(前出し)のデメリットは手術に大きな覚悟が必要になる、ということです。

それに加えて、骨を削ったり切ったりするので、あご骨が弱くなってしまうことがあります。また、手術中に誤って神経を傷つけてしまうと、麻痺などの副作用が起こる危険性もあります。

骨を露出させる時に筋肉等の組織を骨から引き剥がすので、皮膚がたるんでしまうこともありますし、一度手術を受けると修正は困難です。

あご切り(前出し)に関しては、経験と実績のある医師に頼むことが大切です。

たとえあごが前に出ても、容姿に満足できないこともあります。それだけではなく、顔面麻痺などの健康被害を生じてしまう可能性もあるので、もし少しでも気になることがあったら、手術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。相談に応じてくれない場合には、修正やアフターケアを専門としている機関を利用する方法もあります。

手術を受ける時は慎重に、終わった後も気を抜かずということが重要です。

あご切り(前出し)にはオトガイ神経の麻痺というデメリットがある

「オトガイ神経の麻痺」デメリットについて。

あご切り(前出し)のデメリットとして、最も注意したいのがオトガイ神経の麻痺についてです。

オトガイ神経は、あごの周りにある神経の一種で、手術によって傷つけてしまうというリスクがあります。
麻痺が残ってしまうと、常に顔に違和感を感じるようになってしまいます。

麻痺は一生残ってしまうものなので、失敗しないためにも、技術力が高い医師を選ぶことが重要です。
手術をするときには、医師選びを慎重に行いましょう。

「効果が無い」デメリットについて

あご切り(前出し)の手術は、小顔効果が期待出来たり、しゃくれていたりあごが長い人には、効果を実感することが出来る手術でもあります。

骨格に問題がある場合には、骨削りが必要となります。

しかし、この手術はもともとの骨格の状態などによっては効果が無い場合もあります。
しっかりとカウンセリング時に、もともとの骨格の状態や理想としている仕上がりのイメージを、医師と相談しておくことが大切です。

皮膚の「たるみ」デメリットについて

あご切り(前出し)の手術のあとに、皮膚に「たるみ」が出てしまうというデメリットも知っておく必要があります。
皮膚は伸縮性のあるものですが、急に大幅な骨格の変化や、脂肪の除去などを行うと、皮膚の収縮が間に合わないことがあります。

収縮が間に合わない場合には、皮膚のたるみとなって残ってしまいます。
症状が重い場合には、余分な皮膚の切除も必要となるので、しっかりと相談することが大切です。

実績の豊富な信頼できる名医を選ぶこと

あご切り(前出し)手術は、非常に難易度の高い手術でもあります。
同じ美容外科医であっても、得意としているジャンルが異なっていたり、実績の差もあります。

特に骨削りなどを行う場合には、麻酔や骨格の形成が得意な医師を選ぶことが重要です。

病院の立地や費用なども大切ですが、最も大切なのは医師の技術力です。
豊富な実績や、確かな技術力のある名医を選ぶことで、手術におけるリスクを回避することが出来るでしょう。

顎プロテーゼにも対応している上手いクリニックを選ぼう

もう一つのあご切り(前出し)にはプロテーゼがあります。プロテーゼと呼ばれる人口軟骨を挿入して美しいラインを永続させます。

あごのプロテーゼはお口の中から挿入するため、傷痕は全く残りません。男女それぞれオーダーメイドで製作しますので、自然な美しいEラインになります。

あご切り(前出し)で半永久的に持続させたい方には、こちらの方がお勧めです。顎のプロテーゼは、比較的リスクの少ない施術の一つです。しかしどの施術の場合も同じですが、内出血、腫れ、皮膚の違和感、術後の痛みはあります。内出血なども10日前後で消失しますので、メイクなどでのカバーも簡単にできます。腫れ、皮膚の違和感は徐々に消失して、ずっと残ることはありません。

かつて骨が委縮してプロテーゼが沈み込むという骨吸収が問題になっていましたが、プロテーゼを骨膜の上に入れて骨吸収がおきないような工夫も進化しています。あご切りは雰囲気がガラッと変わって男女ともに人気の施術メニューです。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*