輪郭整形の名医|失敗・修正
輪郭整形の名医|失敗・修正

あご切り(前出し)に必要なアフターケアとは

あごが後ろに下がっていることで悩んでいるという方には、あご切りの施術を受けると後ろに下がったあごを前に出すことができます。
また、この手術を受けると、小顔効果も実感することができます。

あご切りの手術は、口の中からメスを入れて切開し、後ろに下がっている下あごを水平に切り、先端にある骨を前に進めて骨を固定するという手術です。

リスクを伴う大きな手術になり、失敗に終わると傷跡が残ったり、血行障害やあごの形が不自然になってしまうことがあるので、手術を受けるときは、経験を豊富な技術力が高い医師を選ぶことが重要です。
大きな手術になるので、術後しばらくはダウンタイムがかかります。

ダウンタイムの期間には個人差がありますが、腫れは2週間ほど続くことがあるので注意が必要です。
また、むくみは2ヶ月から3ヶ月ほど続くことがあります。

アフターケアの方法についてはカウンセリングのときなどに説明があるので、しっかり聞いておきましょう。

あご切り(前出し)のアフターケア

手術時間や当日の注意点

あご切り(前出し)の安いところだと、1,000,000円ほどの料金で行ってもらうことができます。あご骨には、下のあごの感覚を司る神経が通っているため、個々によって切り取れる量に違いが出てくるほか、施術を丁寧に行ってもらわないと傷ついて、機能に支障が出てしまうことも懸念されるため、高度な医療技術が必要な手術方法です。

手術には2から3時間程度かかることになり、その後回復室でも同じくらいの時間休む必要性が出てきます。一時的に感覚が鈍くなることがあり、口の開き方も狭まるためアフターケアとして開口訓練が必要になる人もいます。

移動させた骨がずれてしまわないように、しっかりと固定が行われますが、術後は強い衝撃を与えないようにすることが肝心で、仕上がりをきれいにするため、場合によっては外からも数日固定することがあります。

あご切り(前出し)の評判が良いクリニックで行うことで、失敗するリスクを避けて、気になるあごの形をすっきりとさせることができます。

術後の過ごし方

あご切り(前出し)の手術で自宅で行うアフターケアとしてまずあげられていることは、食事の方法です。
食事は手術当日から行うことができますが、1週間から2週間は、固いものや熱いもの、辛いものなどは控えなければいけません。

噛むと痛みを感じるときは、固形物を控えたほうがよいでしょう。
一定期間は、食後はイソジンうがいを行わなければいけません。

また、歯磨きを行うときは、傷にブラシがあたることがないように気をつけなければいけません。
あご切り(前出し)の手術の後に激しい痛みや腫れが長く続くときは、感染の可能性があります。
そのようなときは、早めに受診し、適切な処置を受ける必要があります。

また、血が溜まってしまったり、知覚過敏やしびれが行ったときも早めに医師に相談をしましょう。
早急に適切なアフターケアを受けなければ手術が失敗に終わってしまうことがあるので、アフターケアをしっかり行ってくれる医師がいるクリニックを選びましょう。

輪郭整形の名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形の名医を紹介して10年弱。2万名の患者様に情報提供をしてまいりました。全国のスーパードクターをリストアップしており、病院ごとの失敗確率まで算出しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*